読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と『ガールズ&パンツァー 劇場版』を立川シネマシティで"極上爆音上映"連続鑑賞してきた

映画

f:id:shinyaa31:20160424004427p:plain:w450
少し日が空いてしまいました(執筆日は4/24)が、記録として残しておかねばという事で。

立川シネマシティの『極上爆音上映』と言えば『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と『ガールズ&パンツァー 劇場版』での公開が大きく世間に知られるようになった作品ではありますが、共に驚異のロングラン上映等の『奇跡』も相俟って、4月から同時上映がなされるようになっています。そして双方共に『極上爆音上映』での上映なので、夢の『極上爆音上映』鑑賞が出来る何とも贅沢な上映スケジュールとなっているのです!

f:id:shinyaa31:20160424005059p:plain:w600

マッドマックス復刻上映に際し、立川シネマシティは6000万円するというスピーカーを備えるというトチ狂った(※褒め言葉)対応を行っており、双方共に上映終了は未定となっているため、まだ暫くは上映が続くのではないのでしょうか。(というか続いて欲しい)

スピーカーに関連するお話は下記のサイトでも伺う事が出来ます。アクションの振れ幅が何とも最高過ぎます。


そんな『極上爆音上映』の"ハシゴ鑑賞"を早速実現しよう!という事でこの日(4/2)に予約を済ませ、いざ立川シネマシティへ。横浜からだと遠いので普段は電車(川崎から南武線で立川へ)で向かっていたのですが、ハシゴ上映を実現しようとすると終電がないという状況になってしまうのでこの日は横浜から第三京浜→環八→甲州街道ルートで車で向かう事に。やはり渋滞に使ってしまい、トータル2時間近く掛かってしまいました。(帰りは八王子から国道16号をひたすら南下するルートで帰って来ました)

爆音は最前列で堪能してこそでしょう!という事でいずれも最前B列を予約。本来であれば最前列真ん中目を攻めたかったのですが、さすがに競争率は高く断念。最前列右端(マッドマックス 怒りのデス・ロード)→最前列左端(ガルパン)で落ち着きました。
f:id:shinyaa31:20160424005753p:plain:w500

勿論両作品共に予約状況は活況で、公開前に『満席』の案内が出ておりました。
f:id:shinyaa31:20160424010841j:plain:w350

 

V13: 2016/04/02 マッドマックス 怒りのデス・ロード 2D字幕【極上爆音上映】at 立川シネマシティ

こちらは通算13回目。見出しの記法もこれまでのフォーマットを踏襲する形で記載しておきます。"これまで"の記録は下記をご参照ください。

この看板、何度見たことでしょうか。いつ見てもテンション上がりますね。
f:id:shinyaa31:20160424011314p:plain:w450

新しいスピーカーを踏まえたスクリーンの見た目はこんな感じです。
f:id:shinyaa31:20160424011352p:plain:w700

そして座席から見たスピーカーはこちら。圧迫されます。
f:id:shinyaa31:20160424011520p:plain:w300

そして左側のスピーカーの見た目はこちら。
f:id:shinyaa31:20160424011554p:plain:w400

作品自体の感想は既にもう12回以上観てるのでアレですが、6000万円のスピーカーの威力はもう、半端無かったですね。冒頭のワーナー・ブラザーズのロゴ登場時の『ガシャァン』という音、V8エンジン大映しでの回転音から来る爆音の音圧と振動を全身に受けた時は『フォォォ!これだ、この感じだよ!』と一気にテンションが高まりました。これだけで立川爆音で観に来た甲斐がありますね。

爆音については、全体的に厚く、重い感じで力強さが増してるなぁという印象。また、重低音部分がかなり厚くなったのも影響しているのか、車が走っているシーンでは割とずっと爆音の振動があったかな?という感じを受けました。その点で行くと、爆音(の振動)のメリハリについては以前のスピーカーのほうがあったのかな?という印象です。最前端っこという若干偏った鑑賞位置であったので、新スピーカーでの鑑賞についてはあと2回位(真ん中列真ん中目、最前列真ん中)は鑑賞したいなという気もします。2回増えたらV15になるので、もう1回足して(V8!x2の)V16!辺りまで行っちゃう?かな?


 

ガールズ&パンツァー 劇場版

f:id:shinyaa31:20160424012520p:plain:w450

マッドマックス(V13!)の鑑賞を終えて、20分程でまた同じ上映館に舞い戻り今度はガルパンを鑑賞。一応予習(TVアニメ版 全12話/Amazonプライム)を済ませた上で鑑賞に臨みました。ガルパンのパンフレットは既に売り切れてたのでAmazonで出品されてたのを併せて購入。

感想についてはガルパンの例のセリフを踏まえた形で以下に。

ガルパン(初回鑑賞に際しては事前にアニメのシーズン1を12話鑑賞してから鑑賞に臨んだけど、観てないと冒頭3分のダイジェストではちょっと追い切れない部分があるような気もするのでやはり観るのであれば、事前に予習はしておいた方が良い作品だな〜と思いました。全12話の中に出てこなかった学校、生徒が幾つかあったな〜。あの人らはどの作品で出て来てたんだろう?最後の戦いはルール上・展開上そうなってしまう部分はあったのかもしれないが、若干時間が長く感じたかも知れない。キャラ毎の描き分け、見せ場を作ってあったのはGood。アニメ同様細か過ぎるネタがきっと散りばめられてたんだな〜と思う所多数。爆音については『マッドマックス』→『ガルパン』と6000万スピーカーでのニュータイプ爆音上映をハシゴした訳ですが、ガルパンの方が音のメリハリは付いてた様な気はします。戦闘シーンの戦車・爆撃の音量と振動は『マッドマックス』の武器将軍の戦車のソレよりかは上回っていた様な気がします。『ガルパン』を観るなら"予習した上での立川シネマシティ")は良いぞ...


...という訳で立川シネマシティ『極上爆音上映』ハシゴ鑑賞の備忘録でした。どちらも長く愛されているし、『極上爆音』を堪能する上ではこの上なく楽しめる作品なので、週末のみとかの形になっても良いので末永く上映していて欲しいものです。