読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

『たかが世界の終わり』と『マリアンヌ』をハシゴ鑑賞してきた

映画

この日は平日でしたが、今月は月頭の『マグニフィセント・セブン』以来映画を観てなかったのでこれはペースを取り戻さないと!という事で2本ハシゴして観てきました。場所は109シネマズ川崎。仕事帰りだったのと、観たい映画が2本まとめてここで観れる、というのがチョイスの理由です。

f:id:shinyaa31:20170223001746p:plain:w600

そして偶然にも、この女優さん(マリオン・コティヤール)はどちらの作品にも出演されております。同じ俳優さんが異なる映画に出ているものをハシゴして観る(観られる)ってのも何か不思議な気がしますね。若干こんがらがりそうではありますがw
f:id:shinyaa31:20170223001813p:plain:w600

 

2017/02/21:たかが世界の終わり/2D字幕

f:id:shinyaa31:20170223001911p:plain:w450

1本目のマリオン・コティヤール出演作品はこちら。

パンフレットは購入済みだったものの事前に読んではおらず、予告編動画も1〜2回観た程度。なので主人公を取り巻く背景的なものの殆ど知らなかったので、何でこの台詞を言うんだろう?という意図が分かったのは映画鑑賞後パンフレットを読んだ後でした。

感想としては『(家族に"そろそろ死ぬ"という事実を結局は)言わんのかーい』という一言に尽きるかなぁw 若干拍子抜けした感はあるかも。


 

2017/02/21:マリアンヌ/2D字幕

f:id:shinyaa31:20170223002002p:plain:w450

2本目のマリオン・コティヤール出演作品はこちら。

『ブラ泣きってw』という苦笑い感と、下記のツイートが思わず記憶に残ってしまいましたがブラッド・ピット x マリオン・コティヤールというキャストならばそうそう外れるものでも無かろう、という事で鑑賞。

1本目の『たかが世界の終わり』が会話メインで舞台も非常に狭い範囲で若干退屈感もあったのに対してこちらは舞台も色々切り替わるしお話としてもスリルやアクション等も所々にあったりで緊張感を持って鑑賞に臨む事が出来ました。ポーカーと化学式のくだりは動きや音的にはとても静かなシーンでしたが、手に汗握る感はあってとても良かった。夫婦共にスパイだった事もあり、その辺りの駆け引きも面白かったですね。あとはマリオン・コティヤールの存在感。綺麗だし色っぽいんだけど絶対この人何か裏があるよねー、秘密隠し持ってるよねーな存在感。唯一無二ですね。

物語の終盤はマリアンヌがスパイ容疑を掛けられてしまい、スパイなのかそうじゃないのか、その辺りの駆け引きが主になってくる感じ。結末としては意外な感じで終わるけど(予告編観た限りだと"そういう風に終わるんだろうな"と思ってたので、そこは宣伝上手いなとも思った)、『あぁ、そりゃブラピも"ブラ泣き"するわな』という感じの展開でした。量的時間的には言う程泣いてはいなかったけどね。こちらの作品はそこそこ楽しめました。

ちなみに物語の中盤、砂漠で砂嵐に遭遇するシーン、(非常に印象的なシーンではあったのですが)砂漠/砂嵐/車/マックス(主人公ブラピの役名)という事で『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を想起してしまったのは内緒。