読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

映画『キングコング 髑髏島の巨神』を極上爆音&初日初見者限定ライブスタイル上映で観てきた

f:id:shinyaa31:20170329043746p:plain:w300

予告編でそこそこ期待はしていたのですが、直近発売された『映画秘宝』での特集を読んで一気に期待感が高まったこの作品。

『極上爆音上映』でお馴染みの立川シネマシティで以下の様な企画を行うと聞いて速攻で企画に乗り(=座席予約を済ませ)、観てきました!
シネマシティ|ニュース:緊急決定!! 3.25髑髏島決戦【極爆】『キングコング』初日初見者限定ライブスタイル上映開催
f:id:shinyaa31:20170329133409p:plain:w400

ちなみに直前には『パッセンジャー』も併せて観ていました。


こういう企画になっている、という事はやはりあの人が出てくるよね...

という事で予想(期待)通り、あの入場曲に合わせてあの人(シネマシティ企画室長:遠山さん)が登場です! こちらについてはMC部分のみを撮った動画がありますのでそちらをアップ。ここでの『サミュエル・L・ジャクソン、特殊メイクはしていないが、非常にコングに似ている』というコメントが直後の鑑賞に効いてきます...w

上記のMCの後、他作品の予告編も映画泥棒もすっ飛ばし、本編に突入。以下感想など。

以降、言及する内容はネタバレを含みます。















  • 『発声可能』な上映だったので初っ端から叫び放題ではあるのだが、皆『初見』という事もありなかなかこれといった『ピンポイント』な発声は無かったような気がする。まぁ当然と言えば当然か。
  • でも、冒頭いきなりのコング登場には拍手喝采。基本的にはコングが何かやってくれると『うぉぉ!』な感じで叫び声と拍手が沸き起こる感じ。
  • 後は所々で挟んでくるギャグ的な台詞で笑い声が出て来る感じ。
  • マーロウ(の若かりし頃)とグンペイ(字幕では"ガンペイ"になってしまってましたね)の戦闘シーン、グンペイの構えた刀が一旦アップになって何か文字が彫られているのを確認出来るのだけれど、どんな内容かまでは確認出来ず。気になる。また、マーロウの薬指には結婚指輪が。後に『出征前に結婚していた』という過去を裏付ける形となっていますね。
  • サミュエル・L・ジャクソン登場。前説の遠山さんのコメントが脳裏に刷り込まれてるもんだから、初登場時からざわついた笑い声が...w 『コング〜!』の叫び声も幾つか挙がっていたような気もします。
  • 嵐に立ち向かうシーンはどことなくマッドマックスな雰囲気。
  • 各種コメントで監督も名言しているように『地獄の黙示録』オマージュがそこかしこに散りばめられているこの作品。全身初お目見えのシーンは『来た来た来た〜!』な感じで感動してしまいました。この登場シーンだけで1億点位あげても良い!と思いました。ちなみに自分の中ではこの時点で今年1位に位置付けてました。
  • 登場後のアクションシークエンスも最高。食べられる!うわー!からのシーン転換では皆笑っていました。
  • 全編に渡る、ゴジラを始めとしたモンスター達の人間に対する無慈悲感がエグくて最高。終盤、手榴弾を手に足止めを図るあの軍人さんのあの展開はひっどいなぁ〜と思いつつもその無常さに爆笑してしまいました。
  • コングさん、意外とコントロール良い。
  • コング vs コング(サミュエル・L・ジャクソン)の"顔相撲"感。もう笑うしかない。
  • この作品、『モンスターバース』という世界観の中で繰り広げられているという事で、2014年ハリウッド版『GODZILLA』とも密接な繋がりがある形となっています。"モナーク"然り、劇中で言及される"MUTO"(Massive Unidentified Terrestrial Organism:未確認巨大陸生生命体)とかを聞くとワクワクしてきますね。
  • 途中、食事を取るために座るコング。かわいい。
  • 『不名誉より死を』のシーン、及びトムがマーロウの刀を借りてバッサバッサとモンスター群を切り捨てるシーンは拍手喝采。刀が出て来るシーンは概ねこんな感じでした。
  • でも、刀シーン終わった後トムはガスマスクを外しちゃってるけどガス毒平気だったのかな?
  • サミュエル・L・ジャクソンの最期。『言わせねーよ!?』の展開が最高過ぎましたw 何やかんやで『こいつムカつくな〜』なキャラという事もあってこのくだりも非常に盛り上がりました。
  • コング vs スカルクローラー親玉戦。白昼堂々(こういうのってたいがい夜のシーンではっきり見えない、ってのが往々にしてあるので)の贅沢なバトルってだけでも嬉しいところ。また、スクリューを目にしたコングが我々の期待通りにアクションしてくれたのも『やってくれたぜ!』という感じで盛り上がりました。歓声と拍手が止まらない感じでしたね。
  • フィナーレ及びエンドロール前に差し込まれるマーロウの帰還。すみませんここで思わず涙してしまいました...だってねぇ、30年近く髑髏島でサバイブしてきて、ようやっと戻ってこれたんですよ...?家族の演技も、ベタではあるのですがそれがまたジワリと感動を誘いました。
  • エンドロール終盤、GODZILLA/MOTHRA/RADON/KING GHIDORAH』の文字。モンスターバースのシリーズとしてコイツらが出てくる、というのは聞いていたけれどもここでクレジット出るって事は...?
  • と思ってたらエンドロール終了後におまけ映像が。
  • キタ━━━━(゚∀゚)━━━━(゚∀゚)━━━━(゚∀゚)━━━━!! もちろんここでも拍手大喝采。この日一番の盛り上がりは一番最後にありました。エンドロールってしんみり終わると思ってましたが、一番盛り上げておいて終わらせるというのは超テンション上がりますね!


という訳で、『極上爆音&初日初見者限定ライブスタイル上映』、とても、とても良かったです。また、2017年鑑賞作品の中でもダントツ1位に躍り出る形となりました。幾つか気になっている部分もあったので、他の上映形式でも何度か再見してみたいと思います。


以下は関連エントリ等。初見の場合はこの辺も観ず、予備知識無しで行っといた方が純粋に楽しめるかもしれません。

あ、あとは『モンスターバース』の世界により入り込める様に、2014年ハリウッド版『GODZILLA』は事前に観ておいた方が楽しめるかと思います。