読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

映画『SINGシング』(2D吹替)を観てきた

f:id:shinyaa31:20170401154435p:plain:w600

この映画、特に観る予定は無いのですがSNS上での評判が良さ気であったので挑んでみました。字幕/吹替共にキャスト陣が豪華ではあったのですが、より声に馴染みのある吹替版(こちらも評価は上々の模様)で鑑賞。場所はブルク13@桜木町

f:id:shinyaa31:20170401154522p:plain:w600

感想としては『想像以上に良かった!』という感じでしょうか。

これは鑑賞してから気付いたのですが興行収入も週単位でV2だかを達成していたのですね。内容・ストーリー展開的にはベタではありますが、幅広い層で存分に楽しめる素晴らしい内容だったと思います。殊の外『良かった!』と思えたのは吹替キャスト陣。MISIA長澤まさみスキマスイッチ大橋卓弥山寺宏一辺りは出ている事を事前に把握しており、それぞれに『上手いなぁ』とはお思っていたのですが想像以上にビックリしたのが主人公のコアラ(バスター・ムーン)役の吹替担当、ウッチャンナンチャン内村光良(ウッチャン)。ここは事前にキャストを把握しておらずエンドロールでウッチャンの名前が出てて『え?!そうだったの?』と気付いた形でした。鑑賞後に予告動画を観返すと『あぁ確かにウッチャンだ』と分かるのですが鑑賞時は全く気付かず、また特に吹替に違和感を感じない=上手い声の演技だなぁと思って観てました。また、トレンディエンジェル斎藤司も良かったですね。(元々歌マネが上手い、というのは鑑賞後Wikipediaで知った)

今回観たのは吹替版でしたが、字幕版も同様に豪華キャスト(なはず)なので機会があれば観てみても良いかな、と思っております。(けど3〜4月は観たいの多いし時間的に厳しいかなぁ...) 今のところ個人的には今年TOP5には食い込んで来るんじゃ無いかというような位置付けです。