日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

『デトロイト』と『ジュピターズ・ムーン』をハシゴ観賞してきた

f:id:shinyaa31:20180205025602p:plain:w600
久々の映画鑑賞、この日は2本ハシゴしてきました。鑑賞場所はブルク13@桜木町

 

2018/02/04:デトロイト/2D字幕/ブルク13

SNS等でも評価の高いコメントが続いていた作品。これは押さえておこうという感じで観てきました。

2時間30分近い上映時間、休む間もなく緊張感のある画が続き、観終えた時には少々ぐったりしてました。内容が内容だけに『面白い』と言って良いのかどうかは分かりませんが、『すごいな...』と思わせるに十分な濃密さでした。特にあの白人警官役(クラウス)のウィル・ポールター。観賞中は『なんてヒドいやつなんだ...』と思ってみてましたが、観た人にそう思わせるという事は"素晴らしい・すごい演技をやってのけたんだな"ということにもなるでしょうか。パンフレットには『撮影中にあまりの辛さに泣き出してしまった』ともあったので演者の胸中も察して余りある現場だったんだなーと把握。観ておくべき作品となるのではないでしょうか。

 

2018/02/04:ジュピターズ・ムーン/2D字幕/ブルク13

予告編を観てちょっと気になったので観賞候補に。

SFアクション的な展開を予想してたんだけど、実際のところはそこまでそっち方面では無かった模様。一番気になっていたのは『主人公はなぜあのような能力を得るに至ったのか』というところではあったのですが、その辺りは特に描かれる事は無かったので若干の拍子抜け。主人公と活動を共にする医者のおっさん役の人が作品中結構どうしようもない感じだったのも何となくアレでした。

映画『ジオストーム』を観てきた

f:id:shinyaa31:20180120213025p:plain:w450

映画予告で結構頻繁に流れていたりしていたので、『まっ、大味ぽいけど観ときましょうかねぇ』くらいの軽いノリでチェック。観てきたのはブルク13@桜木町

館としても割と"推し"の作品だったようで、こんな感じでフロア壁面に大きなポスターも飾られていました。人の入りもそこそこあったのでは。やはりというか、家族連れの面々も割と多かった様な気がします。
f:id:shinyaa31:20180120214416p:plain:w350

感想としては...まぁ予想通りのポップコーンムービーでしたね。大味と言えば大味。CGもどーん、ストーリー展開も王道!な感じであまり意表を突かれる訳でも無く、ものすごいテンション高まるポイントがある訳でも無く、割と普通な作品だったかなとは思います。黒人アフロのお姉ちゃんがネットワークのアクセスを試みた時にありえないサブネットの数値のホスト名だったのが気にはなりました。(600番台の値とかえぇ?wという感じ...近未来だったらそういう規格があるのかも...と思ったけど時代設定は2019年とかだったからちょっと考察・背景設定としてアレ) 大統領を救い出す一連の流れでの大統領からの「(お前ら)結婚しなさい」とか、最後の最後、メキシコ人に窮地を救われた主人公(アメリカ人)がそのメキシコ人に胸に刺繍されたメキシコ国旗を指差しながら「メキシコに感謝しろよ」と皮肉なコメントを言われるところとかはクスッとなりました。

先日観た「バーフバリ 王の凱旋」がかなり高めの(今年の)ハードルとすると、こちらの作品は"普通"(っても55点とか60点とかですが)のハードルとして基準となっていくのかな思います。

映画『バーフバリ 王の凱旋』を観てきた

f:id:shinyaa31:20180107201555p:plain:w400

SNSでの評判が何やら穏やかじゃねーぞ...という感じで、これは思わず『観ずにはいられなさそうだぞ...』という事でチェック。

で調べてみると、現在公開中のものは"後編"的扱いの内容らしく、少し前に"前編"的な作品が公開されていた事を把握。それがこちらの『伝説誕生』です。

せっかくならばちゃんと予習して行きたいよね...という事でAmazonビデオで観賞しました。

前半こそは割と牧歌的な展開でしたが、青年へと成長したシヴドゥが滝を登っていく辺りからインド映画のテンションでグイグイと引き込まれる展開に。細かいところは『HIGH&LOW THE MOVIE』シリーズ同様幾つものツッコミどころが出てくるのですが、その辺『細けぇこたぁ良いんだよ!』的な感じでド迫力の映像(CGバリバリ使いまくり)と音楽のパワーで持っていきます。シヴドゥがあの"バーフバリ"の生き写しであること、そして彼の国の民衆がその顔をひと目みて『...バーフバリ!』となってからはもう『バーフバリ!バーフバリ!』と連呼が止まりません。(この辺り、何でこんなにも民衆の支持が厚く、カリスマ的な人気があるのかは"王の凱旋"で語られる事になるのですがその辺もまぁ気にしなくてもOK)。

テイスト的には昨今の『ぶっ飛んでる映画』の美味しいところを詰め合わせたような豪華さ、あ、あと一部『けものフレンズ』的な描写があったかも?w (雪崩回避のシーン。) スケールのデカさは半端じゃなく、ともすれば破綻しそうな内容を豪勢な予算を使って纏めきった...ッ!というような感じでしょうか。

そして『クーッ、何でそこで終わるんだよぉぉ〜!』的なエンディング。すんげー気になる終わり方でしたので鑑賞後即、次作となる『王の凱旋』を観たくなりました。

ちなみにエンドロールは先日観た『カンフー・ヨガ』同様、音楽が途中で終わってしまっており最後の約2分程は無音状態でした。インド映画ってこういう傾向なのでしょうか...?w

そしてこの日、早速『王の凱旋』の観賞予約をDone.観賞場所はチネチッタ@川崎。調べる限りだと神奈川県では都合3館のみの上映、東京や関東についても非常に上映館数が少ない状況。チネチッタでは通常上映の他に『LIVEサウンド上映』が行われていたので迷わずLIVEな方をチョイス。そういえば同じ上映回でインド人な方も観賞に来ていたのを目にしました。やはり本国の方はより一層この作品を気にされていたのでしょうか。ちょっぴり嬉しくなりました。

で、感想。

  • 観賞直後の思いとしては『( ゚∀゚)o彡゜バーフバリ!! ( ゚∀゚)o彡゜バーフバリ!!』これに尽きます。
  • 『王の凱旋』上映前には、下記の『前回のあらすじ』ムービーが流れます。なので『伝説誕生』を観ていなくてもその流れは把握出来るので大丈夫。でも個人的には『伝説誕生』を通して観ておくのがオススメです。『王の凱旋』で得られるカタルシスがより一層高まります。
  • あらすじムービーを見ると分かる、というか『伝説誕生』を観ることで、"伝説誕生"でシヴドゥをひと目見た周囲の人々が『...バーフバリ!!』と突如叫び出す理由が分かります。シブドゥはあの伝説のバーフバリ(アマレンドラ・バーフバリ/第2世代)のまさに『生き写し』だったのです!っていうか1人2役で第3世代(アマレンドラの息子:マヘンドラ・バーフバリ)も同じ人が演じてるんだけどね。
  • スケールのデカさは『1』である『伝説誕生』でもすごかったんだけど、『2』となる『王の凱旋』では輪を掛けてもっと凄い事に。ってか冒頭の『2』のデカさよ!w
  • 巨象 vs シヴァガミ様...?かと思いきや颯爽と登場するバーフバリ。そして象を瞬殺(殺しては無いけど)。もうこの時点でバーフバリ様ヤバい。
  • カッタッパとの諸国漫遊二人旅→デーヴァセーナとの出会い、のあたりは、『1』ではあまり見られなかったギャグ路線シーンが続く。これはこれでちょっとウケた。デーヴァセーナ初登場シーンは『美しさで人が吹っ飛ぶ』的演出も。『HIGH & LOW THE MOVIE 2』でマイティウォーリアーズが音楽の力で(何もしてないのに)敵を吹っ飛ばした時以来でしょうか。
  • 盗賊達がデーヴァセーナのクンタラ王国を攻め入る際の描写も圧巻。良くそんな作戦思い付くよな、という感じでもあるし、それを実行に移すバーフバリの力強さよ。水を堰き止めていた装置、意外と脆くねぇか?とも思ったけどそんなのはツッコむだけ野暮ってもんよ。
  • デーヴァセーナ、複数の矢を同時に射る→出来ない→攻め入られるピンチ!→バーフバリ登場(デーン)、コツを教えて出来るようになる、の流れもヨイ。デーヴァセーナに向けて放った矢がイヤリングをかすめて敵を射るところなんかもgood。
    • でもさ、あれどう考えても矢が途中で足りなくなってるよね?ね?w
  • バーフバリがデーヴァセーナに『肩を貸して』船を渡らせるシーン。バーフバリのデーヴァセーナに対する愛と敬意の程が伺えるニクいシーン。
  • しかしまぁ面食らったのが帆船が飛ぶシーン。『ちょwww』と思わずツッコミ。幻想的ではあったしまぁ何事も無かったようにマヒシュマティ王国に着く頃には普通に水面を有働していたのであくまでも『イメージ』だったのだとは思うが、この突拍子の無さとテンションの高さはインド映画の醍醐味なんだろうなぁ。
  • 戴冠式の一連のシーンの荘厳さ、豪華さもヤバかった。というかこの映画、スケールの大きさが作品を/時間を追う毎に半端無さを増して凄いことになってますね...
  • バラーラデーヴァ戴冠時の歓声のショボさに対してバーフバリの司令官襲名時の民衆の歓喜の声、地鳴りの如き興奮の描写。『バーフバリ万歳!!』の連呼に、思わず叫んでしまいそうになりました(応援可能上映だったら盛り上がるんだろうなぁ〜この辺りw)。
  • 追放されて民衆と一緒に働いていたり、民衆から慕われているシーン。こういう目線で尊敬を得ているバーフバリを観ると本当に『あぁバーフバリ...!』という気にさせられます。
  • そういえばこのシリーズ、遠慮無い感じで人体を切るシーンが出て来るけど、R指定とかあるのかしら?
  • 50年前の状況から『伝説誕生』のラストで明かされる事件に繋がる顛末(壮大なる回想シーン)を描き切り、舞台は第3世代バーフバリの時代に戻ります。この壮大なる回想シーンを経て『伝説誕生』で救い出されるデーヴァセーナの積年の思い(恨み)を彼女の立場で振り返ると『うぉぉ....!』となるわけですよ。熱い。熱すぎる。
  • バーフバリ率いる民衆達がマヒシュマティ王国に攻め入る際に望遠鏡で状況を確認する訳ですが、エラい精度の良い望遠鏡ですな...w
  • 『1:伝説誕生』でも登場して度肝を抜いていた『前方に鋭利な刃物を回転させる装置を付けていた車』、マッドマックス怒りのデス・ロードに於ける『ドゥーフ・ワゴン』、HIGH&LOW THE MOVIEに於ける達磨一家の『ボンネット前乗り&片輪走行』に匹敵するぶっ飛び具合だったように思います。登場時思わず爆笑しちゃったもんw

f:id:shinyaa31:20180107215545j:plain:w450
f:id:shinyaa31:20180107215611j:plain:w300f:id:shinyaa31:20180107215625j:plain:w300

f:id:shinyaa31:20180107220314p:plain:w450
f:id:shinyaa31:20180107232805p:plain:w450


  • このように並べて見ても全く遜色無い"馬鹿さ加減"(褒めてる)。しかもこの車が登場するシーンは回転刃車でバッタバッタ敵を斬殺してるもんだからエグさも結構な感じ。『伝説誕生』『王の凱旋』双方で登場します。
  • でも、そんな凶悪な戦力を前にしても負けないのがバーフバリ。さすがバーフバリ。
  • "ヤシの木"を使った王国への攻め込み方法に関してはもう笑うしかないwww
  • フィナーレに至る対決シーン、最後の武器として"鎖"を使うのは非常に気持ちが篭っていて良い。というか積年の恨みを『復讐』という形でこうも正面切って描き切った話の流れが凄い。日本だったら絶対何か言われそう。
  • エンディング。2作品計5時間に及ぶカタルシスがいよいよ結実。纏めきった脚本に拍手。
  • で、長大エンドロール&無音パートが今作でも堪能出来るのかな...と思いきやまさかのエンドロールカットwww まぁ見ても何書いてるか分かんないし、無音パートはアレはアレで苦痛だから良いんだけどね...でもちょっと寂しかったw (※本編自体結構な尺の長さでしたし、賢明な判断だったとは思います)

という訳で圧倒されっぱなしの2作品計5時間。『映画館で観て良かった〜!』と心の底から思える超弩級の映画でした。パンフレットで映画評論家の江戸木純氏が以下の様なフレーズでこの映画を評していますが、この形で個人的に作品を形容するならば、『マッドマックス 怒りのデスロード』『ララランド』『HIGH&LOW THE MOVIEシリーズ』『マトリックス』『300』『暴れん坊将軍』辺りを混ぜこぜにして割らずにそのままのボリュームや豪華さでインド風味をブレンドした感じ...と言えば良いでしょうか。(『王の凱旋』を観る前に、個人的に好きな映画を"割らずに混ぜた"ような感じだ、と形容していましたがこの辺りのニュアンスを同じように形容している人が居た事に嬉しさを感じました)
f:id:shinyaa31:20180107223128p:plain:w450

当作品は突き抜け度合い的に『億点レベル』を上げても良いかもしれない、と思える出来でした。興味のある方は是非劇場でご覧ください。オススメです!

2018年 鑑賞映画一覧

f:id:shinyaa31:20180102212850p:plain

通算4年目となるこちらの一覧。今年も昨年同様、週1本→年間50本位のペースで新作が観れると良いかなぁ、というところ。(あまり無理はしない方向で)個人ランキングについても鑑賞後のタイミングで適宜追加・入替えして行く予定です。


2018年度の作品についてはこの中にあるものも適宜ウォッチして行く次第です。

No. 日付 作品 方式 場所 Media Blog
1. 2018/01/05 キングスマン ゴールデン・サークル 2D字幕
極上爆音上映
立川シネマシティ 映画館 Blog
--. 2018/01/06 バーフバリ 伝説誕生 Amazonビデオ ---- ---- ----
2. 2018/01/05 バーフバリ 王の凱旋 2D字幕
LIVEスタイル上映
チネチッタ 映画館 Blog
3. 2018/01/20 ジオストーム 2D字幕 ブルク13 映画館 Blog
4. 2018/02/03 デトロイト 2D字幕 ブルク13 映画館 Blog
5. 2018/02/03 ジュピターズ・ムーン 2D字幕 ブルク13 映画館 Blog

<<個人的2018年鑑賞映画ランキング>>
バーフバリ 王の凱旋
キングスマン ゴールデン・サークル
デトロイト
ジオストーム
ジュピターズ・ムーン

映画『キングスマン ゴールデン・サークル』を観てきた

f:id:shinyaa31:20180105182741p:plain:w350

新年1発目の映画鑑賞作品はこちらの作品『キングスマン ゴールデン・サークル』。勿論前作は堪能しており、非常に楽しみにしていた作品でありました。

観賞場所は立川シネマシティ。例によって『極上爆音上映』をチョイス。
f:id:shinyaa31:20180105182817p:plain:w600

ちょうどこの期間は前作『キングスマン』も上映されており、この日(2018/01/05)は1→2のハシゴ爆音上映も可能ではありましたが、スケジュール的に断念。

f:id:shinyaa31:20180105182857p:plain:w300

で、感想。

  • 各種キャラクターの紹介的な描写は前作で既に終わっているため、本作『ゴールデン・サークル』ではのっけから全開アクション満載。
  • CMでもやってたカーアクションが展開されて行きますが、ドリフトで巧いこと走り切るシーンがとても良かったw どうやらカースタントの人もモンスターマシンで楽しんでいたようで。
  • ガジェットが次から次へと出てくるのも前作同様とても良い。
  • まさかの王女再登場、しかも恋人役!w
  • ポピーランドでのミンチマシーン...(((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
  • キングスマン本部で前作を振り返るシーンが出てくるんだけれども、例の"爆破"のシーン、あの加工のままなのかよ!w
  • マーリン、『泣くのは任務を遂行してからだ』って言ってたのに...w (このくだりは劇場内でも大きな笑いが起こってました)
  • "1年前"のあのシーンの再現、非常に興味深い内容でしたね...
  • あの"大物アーティスト"の使い方www (パンフレットを見る感じだと、『1』でも出演オファーは出していた(断っていた→1のヒットを受けて後悔していた)らしいですね。登場から最後まで大フィーチャーされておりました。
  • 露悪的な描写、下ネタ周りの描写も相変わらず。後者は途中結構アブナイ感じもしたんだけど...w
  • ハリーの復活シーン!いやぁ...どういう(復活の仕方で)描かれているのかは気になっっていましたが、やっぱりジーンと来るものはありますねぇ。
  • ...の後の『1』オマージュシーン。憎いね〜。そしてワロタw
  • ランドのボス:ポピーの狂ってる度が半端無かったです
  • ハリーはその復活までに結構丁寧な描写がされていましたが、もう1人同じような経過となった彼の超雑な復活w
    • あーでもあの彼、ああいう展開にまではしなくても良かったんじゃないかなぁ、という気もする。ちょっと勿体無かった感も。
    • そいえばハリーはいつどのタイミングでそれに気付いたんだろう?気になる。
  • ラスト、エグジーはああいう感じになってメデタシx2なんだけれども、今後どういう立場で関わってくるんだろうね?

という訳で、新年1発目の観賞映画としては十分合格点と言える満足行く作品でした。是非続編(第3作目)を観てみたいところです。

2018年観賞予定映画(2018年01月〜03月)

今年も備忘録・チェックリスト的な意味でこのシリーズをドロップ。
今年は四半期毎に別エントリで展開して行こうと思います。

f:id:shinyaa31:20180102212246p:plain

初詣2018@鎌倉・鶴岡八幡宮

あけましておめでとうございます。

という事で、昨年に引き続き初詣を鰻で始めるスタイルを今年も踏襲です。
f:id:shinyaa31:20180103121146p:plain:w350

昨年の結果(入店1時間待ち)を受けて11:30開店待ちを狙い、11:00位に鎌倉駅に行こう!と思っておりましたが、なんやかんやで到着が12:00前になってしまっていました...(テヘペロ
f:id:shinyaa31:20180103120302j:plain:w600

お店には11:48到着、12:25入店。12:45位に鰻にありつけました。やっぱ美味ぇ。

f:id:shinyaa31:20180102125527j:plain:w700
f:id:shinyaa31:20180103121030p:plain:w450

来年こそは開店前に並んで開店直後に食いたい...かも?(意気込み的には50%くらい

鰻の後はそのまま初詣に。最後尾に着いてからおおよそ1時間で参拝となりました。

f:id:shinyaa31:20180103121557p:plain:w350
f:id:shinyaa31:20180103121604p:plain:w600
f:id:shinyaa31:20180103121611p:plain:w600
f:id:shinyaa31:20180103121620p:plain:w600

初詣の後は厄除け周りの諸々を。昨年・今年とそういう年回りだったのでした。こちらもなんやかんやで相当な時間が掛かり終わった時には既に日も暮れておりました。
f:id:shinyaa31:20180103122646p:plain:w500
f:id:shinyaa31:20180103122654p:plain:w300
f:id:shinyaa31:20180103122701p:plain:w500

御神籤もまずまずの引きとなり、無事初詣タスクを完了。
今年は暫くはアウトプットよりもインプットに専念し、より多くのアウトプットを今後残せていく様に様々なネタを吸収して行こうと思います。結果や成果は会社ブログ個人技術ブログ等で残して行ければと思っております。宜しくお願い致します。