日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

映画『アトラクション 制圧』を観てきた

f:id:shinyaa31:20170815210740p:plain:w300

映画秘宝で紹介されていたのを観て『これはちょっと観てみたいな〜』と思った作品。

新宿シネマカリテでの企画上映『カリコレ2017』の中の1作品であり、非常に上映回数が限られていたのですが都合を付けてこの日行ってきました。注目している人は多かったようで、上映鑑賞回は満員となっておりました。
f:id:shinyaa31:20170815210812p:plain:w450

f:id:shinyaa31:20170815210820p:plain:w300

で、以下感想など。

  • 予告編でもクローズアップされていた『住宅街(団地)への宇宙船墜落シーン』はその違和感(たいがいこういうのって大都市に落ちるケースが多いし)だったりCG描画の素晴らしさで『おぉ...』となりました。このシーンを通しで観るだけでも十分楽しめたと思います。以外とおとなしめな音楽で大惨事、というギャップも良かった。
  • ロシアの映画なので基本何言ってるかは分からない。文字も全く読めないw
  • 全編に漂うロシア流(?)のジョークと言うか、ちょっとした笑いの載せ方がツボでした。対米の描き方も"らしい"な、と。
  • 以外と相手方の宇宙人、ササっと出て来たw
  • 第9地区』等の制作陣も加わっていたと知り、なるほどなと思うなど。所々そんな雰囲気を醸し出しているところはありました。
  • CG自体は決して多く無いと思います。アクセントを付けて上手く配してたのかなと。
  • 主人公となるヒロインの父親(軍人のかなり偉い人)が全編に渡って良い味出してました。堅物なのかと思いきや意外と柔軟。影のヒーローは間違いなくこの父ちゃんでしょう。
  • 話を聞いてくれない父親に対して、一発で対話に持ち込んだ娘氏の機転に草w (実際ここでも多くの人が笑ってました)
  • 終盤、宇宙人との対話の中で地球に対する評価と言うか考えを聞く場面があるのだが、これはこれで色々と考えさせられるな〜と思いました。

"宇宙モノ"でシリアス路線かなと思いつつも結構笑かしに来てる所もあったりで(実際所々でそれなりの笑いは起きていました)、約120分存分に楽しめました。少ない上映スケジュールの中調整して観に行って良かった!と思えた作品です。

  • 本編メイキング映像。画的なネタバレを含むので鑑賞後にご覧ください。

映画「スパイダーマン ホームカミング」と「ターミネーター2 3D」をハシゴ鑑賞してきた

前日のROCK IN JAPAN FES 2017参戦から立川に移動・宿泊してこの日の映画鑑賞に臨みました。(一旦帰宅してからだと疲労で移動面倒臭そうな感じがしたので) この日観たい映画はいずれも立川シネマシティで上映されていたのでここでのハシゴ上映を計画しました。

f:id:shinyaa31:20170813222926j:plain:w600

 

2017/08/11:スパイダーマン ホームカミング/2D字幕 極上爆音上映/立川シネマシティ

f:id:shinyaa31:20170813223202j:plain:w300

MCUシリーズ映画の最新作でありMCUでのスパイダーマン単独として初の作品。

感想。

  • ピーター・パーカーの自撮り映像はCMでも一部流れてたが、「そこまで撮ってたのかw」という感じで意外と凝ってた。
  • 御大スタンリーの登場は割と早め。
  • スパイダーマンとしての"正体バレ"(主に対身内)、割と分かり易い感じであっさり訪れる。っていうかうっかりしすぎだろw
  • キャプテン・アメリカの動画での"説教"シーンは地味にウケた。シリーズを重ねてキャラの特徴が周知されているからこそこういういじり方も出来るんだろうなぁ、と思うなど。
  • 「椅子の男」のくだりはお話の持って行き方が上手いよね。
  • 悪役の家族構成のくだりは意外性があって良かった。
  • お話の流れ的には概ね満足。さすがマーベルという感じで安心出来るクオリティでした。

次のマーベル作品は「ソー・ラグナロク」か。スパイダーマンMCUへの合流の仕方、MCU全体のお話の今後の展開も気になるところです。


 

2017/08/11:ターミネーター2/3D字幕 極上爆音上映/立川シネマシティ

f:id:shinyaa31:20170813223236j:plain:w300
あの「往年の名作」が3Dで再上映。更には立川シネマシティの場合、「極上爆音上映」が付いて来るという事でコレは外せない!と思いチェックしておりました。爆音を堪能すべく座席は最前列を確保。また先月末には前作「T1」もシネマシティで極上爆音上映されていたので合わせて観ておりました。

f:id:shinyaa31:20170813223443p:plain:w600

T2関連記事としてはこの辺りも要チェック。

で、感想。

  • 初上映は1991年なので26年振りの上映になるのか。当時(91年)も夏休みに映画館で観てました。
  • 3D部分、そこまで強調されている感じでは無かったけど所々「おー、ちゃんと3Dになっとるなぁ」と感心。
  • 『爆音上映』という事でバリバリ全開の振動音を期待してはいたのですが思った程その効果は無かった感じ。中盤以降サラ・コナーが夢の中で遭遇する核攻撃のシーンで『おおっ?!』というのが大きかったくらいかな?でも音の豪華さで言えば文句無し。
  • 後やっぱり『クゥーーーッ!!!』となるのが所々で出て来るシュワちゃんの名言・名カット。やっぱり超かっけぇわ、この映画アンドシュワちゃん
  • 前作『T1』をオマージュしたシーンとかも改めて見ると巧いよなぁ、と感心させられる。ショッピングモールでの格闘シーン然り、電話口でのT-800とT-1000の"騙し合い"然り。
  • 当時超話題となったCGの使い方も使いどころが巧いよね〜。これぞ!ってシーンで(当時の観客が)観たこと無いような映像を見せてくれた衝撃。
  • そして、昔からこの映画は『本当に無駄の無いシーンだけで構成されているな』と思っていたが今回改めて映画館で観てみてその思いを実感。
  • 『特別編』では無かったのでシュワちゃんの開頭シーンとかが幾つか抜けていたのはちょっと残念。
  • あとこれは年によるもの(?)もあるかも知れないけど、今ではすっかりお馴染みとなった『特にラストシーンで○○が親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった』のあの名フレーズそのままに最後はウルッと来てしまいました。いやだってねぇ、『サイボーグが自ら死ねないから』って沈めるのを促すんですよ!?泣けない訳がないでしょう...(年だな...w

という訳で前作『T1』に引き続きの久々の『T2』鑑賞、立川シネマシティでの極上爆音上映『ターミネーター』リレー鑑賞は存分に楽しませて頂きました。いや〜〜〜良かった!!

ROCK IN JAPAN FES 2017 Day3に参加してきた

前の週に参加してきたDay1,Day2に引き続いてのDay3参戦。

リストバンドはDay1/Day2とは異なるものを新たに付ける形となりました。
f:id:shinyaa31:20170811234239j:plain:w300

14:30 / ももいろクローバー / GRASS STAGE

f:id:shinyaa31:20170811234340p:plain:w600
この日はステージ正面から鑑賞してみることに。開催前から人の密度が凄い事になっていました。

個人的にはももクロのライブ観戦は今回が初となります。一度行ってみたいな〜と思いつつもあまり機会に恵まれなかったのもあり、今回のこのタイミングで観れる事になったので「これは観なければ」と思いを強くしたのでした。(来る時の交通渋滞で間に合わないのでは?とヒヤヒヤしてたので無事開始に間に合って良かった...)

オープニングの「行くぜっ!怪盗少女」での盛り上がりは半端無かったですね。ももクロ史上最もメジャーとも言えるこの曲をオープニングに持って来てくれるとはありがたいです。この曲を含め幾つかの曲はステージ中央のスクリーンで歌詞の字幕表示も行われていました。(されてなかったのもあったけど何か違いはあったのかな?)また、ももクロの5人も終始ステージ上を縦横無尽に動き回り、またダンスもほぼほぼぶっ続けで披露。いやはや素晴らしいものを見させて頂きました。

M1 行くぜっ!怪盗少女
M2 マホロバケーション
M3 サラバ、愛しき悲しみたちよ
M4 BLAST!
M5 もっ黒ニナル果て
M6 ワニとシャンプー
M7 労働讃歌
M8 Chai Maxx
M9 桃色空

新曲のPV改めて観てみたけど凝ってるな〜。そして織田!w

15:50 / KICK THE CAN CREW / GRASS STAGE

f:id:shinyaa31:20170812000114p:plain:w600

ももクロの後は同じステージでKICK THE CAN CREW。更に前目で鑑賞してみる事にしました。

ちょいちょいとかでステージに登場してたりはしてたので「ついに!」感はあんまり無かったけども(笑) やはり一時的なものでは無くて「再始動」というのは嬉しいものですね。「地球ブルース/マルシェ/スーパーオリジナル」の辺りなどはノリノリで盛り上がりつつも懐かしさが込み上げて来まくりでした。また、彼等の歌詞を改めて注意して聴いてみると、「いや〜韻踏みまくってんな〜」ってポイントの多いこと多いこと。さりげない歌い方してるところとかも実はちゃんと韻踏んでいる、というところを見つけては「ほっほぉ〜」と感心しきりでした。

2017年09月08日のKICK THE CAN CREW「復活祭@日本武道館」もチケット確保済。楽しみです!

M1 千%
M2 地球ブルース~337~
M3 マルシェ
M4 スーパーオリジナル
M5 カンケリ01
M6 GOOD TIME!
M7 ユートピア
M8 SummerSpot
M9 イツナロウバ
M10 sayonara sayonara
M11 アンバランス

16:55 / 鬼束ちひろ / SOUND OF FOREST

f:id:shinyaa31:20170812001657p:plain:w600

これまで何度かROCK IN JAPAN FESには参加していますが、SOUND OF FORESTでライブを観るのは今回が初。

このステージで観たかったアーティストはそう、鬼束ちひろでした。

彼女を観るのであれば「月光」生で観たいな〜と思って待ち望んでいたのですが、何とオープニング1曲目でいきなりの「月光」披露!全身黒ずくめ、裸足 on レッドカーペット、実物はもんのすごい綺麗!いやー聴いててゾクゾクしました。歌ってる時の眼力(めじから)も鬼気迫るものがありましたね。良いものが観れました。

M1 月光
M2 BORDERLINE
M3 蛍
M4 帰り路をなくして
M5 X
M6 弦葬曲

まとめ

鬼束ちひろを堪能した後は食堂エリアでご飯物とデザート(かき氷)を頂き、今フェスでの予定アーティスト全ての参戦を完了。(4日間通し券を購入していたけれどDay4はお目当てアーティストが居なかったのでDay3でおしまい)

f:id:shinyaa31:20170812002139j:plain:w250 f:id:shinyaa31:20170812002145j:plain:w250

継続して参戦していたものや今回初めて観たものなど色々ありましたが今年は割と満足感は高かったような気がします。HIPHIP畑のメンツを多く観れたのも充実感がありましたね。

一方、ちょっと辛かったのが「会場からの駐車場の遠さ」。家から会場までは空いていれば凡そ2時間〜2時間30分という距離感・時間感ですが、今回は第4駐車場となっており会場入り口まで辿り着くのに15-20分程掛かる形に。GRASS STAGE方面までとなるとトータルで(駐車場から会場まで)40分位は掛かるのではないでしょうか。まぁこれはチケット申込が遅くなる時点で駐車場の割り当ても次第に遠くなってしまうものだと思いますし、かと言って参加アーティストが不明な時点で早期に申し込んでもアレかなという気もします。駐車場問題は割り切って、「ちゃんと間に合うように会場に着く」のを心掛けるしかないかな。駐車場、時間帯に拠っては30〜40分位(駐車場に入るのに)掛かる場合もありました。なので諸々見据えて、(横浜方面から車で会場に向かう場合は)4〜5時間位前に家を出るくらいが良いかな。と今後に向けて個人メモを残し参戦レポートを締めたいと思います。

f:id:shinyaa31:20170812002215j:plain:w400

映画「スターシップ9」を観てきた

f:id:shinyaa31:20170809042441j:plain:w300

映画秘宝」で紹介されているのを観てこれは面白そう、と思い鑑賞してみる事にしました。

観に行ったのはヒューマントラストシネマ渋谷。直近、近場ではここでしかやってなかったのと、本当は翌日(8/8)に行こうと思ってたけど台風が来るとの予報もあった(※実際は来なかった)ので急遽予定を変更してこの日(8/7)に渋谷まで出張って観に行く事にしました。
f:id:shinyaa31:20170809042715j:plain:w500


で、感想。

  • 事前の予習等はほぼせずに臨んだが、これはこれで良かった。
  • 物語の展開的には途中「えっ、えっ...?」となる想定外の展開がやってくるが、この感触を味わうには変に事前知識を入れない方が良いです。下記予告編すらも観ないで鑑賞に臨む事をオススメしたいと思います。
  • 「SFモノ」となるとやはりフィーチャーされるのが「宇宙・宇宙船描写」。この作品はその辺りのシーン描写をそのお話の展開で「うまいこと」対応しているのでは。
  • 冒頭からやってくる予想外の展開に鑑賞しながらかなり戸惑ってましたが、その展開に至るまでの背景描写、状況説明も情報過多になる事無く上手く説明・理解させていたなと思います。
  • 主人公の女性や点検にやってきたエンジニアの心理描写についても、当人たちの状況を鑑みれば「いやぁ、そうですよねぇ...」と納得出来る部分も。この辺は実際その立場に置かれてみると相当辛いものがありますよね...
  • 結末に至るまでの経緯も割と良い感じでまとまっていたと思います。

という訳で、決して大作という訳では無いですが、作品としては非常に完成度が高く、また色々と考えさせられるお話でした。観る機会があれば是非お楽しみ頂きたい作品です。

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」を観てきた

f:id:shinyaa31:20170809035231p:plain:w350

この週の土日は「ROCK IN JAPAN FES 2017」に2日間参戦しており慌ただしい感じではありましたが、2日目は早目に会場から撤収していたのもあり、帰るついでにこちらの作品を観てきました。言わずと知れた大人気漫画作品の実写化です。

観てきたのはチネチッタ杜王町的な雰囲気が無くもないw
f:id:shinyaa31:20170809035512j:plain:w600

で、感想など。

  • 企画の発表段階から「大爆死確定www」な雰囲気は醸し出されており、個人的にもそっち方面の印象を持ちながらの鑑賞となりましたが、観終わった後の印象としては「悪くない。意外と良いんじゃない?」というところ。続き(第4部第2章)もこの"作り"で是非観てみたいなと思ったし、何なら別の章(第3章とか)も観てみたいな〜と、個人的には思いました。
  • 多分、原作を愛読している人であれば突っ込みどころは多数あるとは思う。
  • でも「許せねぇ」って程の改変とか解釈はあんまりなかったかな〜。2時間なりの枠に収めるにはやむ無しという部分もあったろうし。
  • キャストについては概ね良かったのではないかと思う。
    • 仗助・承太郎については欲を言えばもう少し背の大きい人を配役して頂きたかった(195cmある両名のキャラとして)が、そこまで望むのは酷というものか。山﨑 賢人(178cm)・伊勢谷 友介(179cm)と共に小さい訳では無いし...(※共にWikipedia調べ)
    • 広瀬康一山田孝之はさすがといったところか。
    • 観月ありさも意外としっくり来てたw 髪型似せに言ってたのもあるのかもしれない。
  • "スタンドの描写"についても評価ポイントとなるであろうこの作品。ここも「頑張った方では?」という印象。
    • CGの豪華さを気にしてしまうとそりゃぁまぁハリウッドには敵わないよね...
    • もともと"スタンドを描く"という突拍子もない想定を実写化しよう、という時点で無茶ではあったので、その無茶さを現実的に違和感が薄い形で表現出来てたのではないかなと思う。
    • CG映像を使わずに「スタンドの仕業」と見せる演出も上手く効いてたのではないかなと。スタープラチナ広瀬康一とぶつかった時のとか、クレイジーダイヤモンドが自転車を治していたシーンとか。
    • スタープラチナの「オラオラ」等もまぁ良かったのでは。普通に考えたらあのスピード(普通の人には早すぎて拳ラッシュが見えない)だよねw
  • 矢に射られて結果として「死んでしまう」シーンがちゃんと入っていたのも良かった。
  • 岸辺露伴(序盤の広瀬康一の家の本棚に「ピンクダークの少年」)やトニオ・トラサルディー(東方朋子が出かける際に言及)など、第4部の他キャラを匂わせるショットがあったのも「続きを観てみたい」という気にさせる。勿論杉本鈴美や吉良吉影の登場を匂わせる描写もアリ。
  • 企画が始まった際に「スペインロケ」がフィーチャーされたのも若干の酷評サイドに寄ってしまった要因だったのかもしれない。実際には「第4部の舞台となる杜王町の雰囲気を実現するにはロケ地のあの雰囲気がマッチしていた」のであって「第4部の舞台をスペインとした」訳では無い。(ほんのちょっと誤解してた) 実際観終わった後だとその選択も確かに悪くなかったのかな、とは思う。まぁでも仙台市が舞台だし、国内が舞台でも大丈夫だったのかなとも思う。パンフレット読むと「OWSONも実現したい」とあったのでそこは期待したいw

大爆死(100点満点中10点とか20点とか)を予想していたので結果観終わったら「意外とええやん」となり、個人的には60〜65点といったところでしょうか。今年観た50本の中での「アリ」か「無し」かと言えば「アリ」な方に入るかなと思います。続編観たいところだけど、興行成績(色々観てみるとやはり厳しいっぽい...)を見ると実現も叶わぬ形になってしまいそうか...

ROCK IN JAPAN FES 2017 Day2に参加してきた

初日(Day1)に引き続きの「ROCK IN JAPAN FES 2017」参戦。

11:50 / KREVA / GRASS STAGE

f:id:shinyaa31:20170809011355j:plain:w600
(BUZZ STAGE付近から遠目にGRASS STAGEのKREVAの模様を眺めるの図)

先日の第4駐車場からGRASS STAGEへの所要時間の掛かりっぷりを計算に入れておいて早目の移動を心掛けた...はずだったのですが、午前中の第4駐車場への道筋の「大渋滞っぷり」がある事を知らず(初日は時間帯もあり渋滞は全く無かった)、常陸那珂港I.Cから第4駐車場に入るまでに40分程掛かる形に。結果としてKREVAの開始時間には間に合いませんでした...

まぁ、この日はどちらかと言うとこの後のRHYMESTERを押さえておければ良いかなと思ってたのもあったので、GRASS STAGE正面からライブを眺めてみたり(何気にこれまではGRASS STAGE、ステージから見て右手側からの位置しかでしか観戦してない事に気付いた)、冒頭にあるように遠目から鑑賞したり、という形で堪能致しました。ロッキン参戦は14年連続(KREVA曰く、kjとKREVAくらいだろう、とのこと)という事で邦楽HIPHOPアーティストとしての地位も相当な位置まで上り詰めた感があるなぁ、そら般若から(フリースタイルダンジョンでバトルを)煽られてもスルーするよなぁ/戦っている位置が全然違うよなぁ...というのはしみじみ感じる次第でした。あと直後に控えている"パイセン"のRHYMESTERはどういう思いで観てるんだろう?というのもちょっくら思いながら観ておりました。

M1 王者の休日
M2 神の領域
M3 基準
M4 ストロングスタイル
M5 OH YEAH
M6 イッサイガッサイ
M7 Have a nice day!
M8 居場所
M9 スタート
M10 音色
M11 Na Na Na

12:45 / RHYMESTER / BUZZ STAGE

f:id:shinyaa31:20170809015016j:plain:w600
(開始前のBUZZ STAGE DJブース)

KREVAのアクトを遠目に観ながら、開始時間前にこちらのBUZZ STAGEに移動。このステージは半屋内的な構成になっているので、暑さの厳しい状況では(暑さを凌げるので)非常に有り難いスペースとなっております。
f:id:shinyaa31:20170809014937j:plain:w600

ライブアクトパフォーマンスについては安心と信頼の高クオリティ。MCでも期待通りの後輩(KREVA)いじりで笑かしてくれました。全6曲と少ないながらも新曲あり、夏曲盛り込み、そしてクラシック(B-BOYイズム)もありとポイントを押さえた構成で満足。9月6日のニューアルバムも発売が待ち遠しいです。あ、同日発売のサ上&ロ吉のアルバムもね!

ダンサブル(初回限定盤A)(Blu-ray Disc付)

ダンサブル(初回限定盤A)(Blu-ray Disc付)

M1 JIN-TRO(Summer Madness)
M2 フラッシュバック、夏。
M3 Back & Forth
M4 B-BOYイズム
M5 爆発的 feat. サイプレス上野 & HUNGER
M6 Future Is Born

Rhymester「爆発的」feat. サイプレス上野&me 初披露でした💥💣 #真壁刀義感

Hunger Gagleさん(@hunger3)がシェアした投稿 -

で、この日はこの両名(KREVA/RHYMESTER)を観れて満足だったので後にゆず・桑田佳祐などのビッグネームが控えてたのもあったけど撤収。(駐車場戻るまでの時間の掛かりっぷりや駐車場渋滞の懸念もあったし...) 夕方のうちには神奈川県に戻っており、そのままの流れで映画を観るなど致しました。

ROCK IN JAPAN FES 2017 Day1に参加してきた

f:id:shinyaa31:20170806000952p:plain:w600

昨年(2016)はあまりお目当てのアーティストもいなかったので参加してませんでしたが、今年(2017)はラインナップ的にも「おっ?」というものが幾つかあったので4日間通し券を申し込んで無事当選。初日Day1に参加してきました。

本当は11時台のDragon Ashも観たかったんだけど諸々事情があって断念。14:40のCreepy Nutsに間に合うように...という形で横浜を11:40頃に出たんだけど会場駐車場に着いたのが14:00頃。

で、今回の駐車場が「第4駐車場」と呼ばれるところで、遠い遠い...w 駐車場真ん中辺あたりから会場入口まで徒歩25分程掛かりました。てっきりCreepy NutsHIPHOP枠参加が多い印象があるBUZZ STAGEなので「あ〜間に合わんなぁ」と思ってましたが会場入口付近のWING STAGEであった事に気付くなど。(ってか会場入口から開演前になぜかステージ上に出ているR指定が見えた) という事で無事間に合いました。(会場入口からGRASS STAGE方面へも混雑状況によっては徒歩で20分位掛かる事を想定しておいた方が良さげかも)

14:40 / Creppy Nuts(R指定、DJ松永) / WING STAGE

f:id:shinyaa31:20170808234435j:plain:w600
(到着直後のWING STAGE会場)

入り口から程無く近い場所での開催だったので幸いな事に開始まで少し体を休める事が出来ました。観客の入りは開始時間前から結構な数。設けられていた柵の外側にも非常に多くの人が集まっていたので盛況と言える形だったと思います。R指定が「黄土色(茶色だったっけ?)の声援」と称した歓声は確かに男成分多めでしたがその分ボリュームは大きめ。毎度お馴染みの「聖徳太子フリースタイル」はお題『汗臭い』『左足の小指』『宝塚』『都民ファースト』『泌尿器科』でした。(あともう1個位あったような気がする...) メジャーデビューに際してのトラブルがあった(メジャーデビューシングル発売延期)ようだけど、何が原因だったんでしょうね?歌詞に問題あったのかサンプリングの問題なのか...早いところ解決して欲しいものですね。

M1 数え唄
M2 助演男優賞
M3 メジャーデビュー指南
M4 聖徳太子フリースタイル
M5 DJ松永ルーティーン
M6 合法的トビ方ノススメ

17:10 / マキシマムザホルモン / GRASS STAGE

f:id:shinyaa31:20170809004203j:plain:w600
(開始前のGRASS STAGE会場)

この時間帯はユニコーンとどっちにするか迷ったんだけど、前回参加した時の彼等のステージを観た時の衝撃が忘れられなかったのと会場移動が殊の外辛かったのでGRASS STAGE連投する事に。いやはややっぱりこの人達は面白いわ。ライブアクトは言うまでも無し。MCの脱線振りが秀逸でしたw ナヲ(ドラム)の執拗なまでのカメラ目線もGood。

M1 恋のメガラバ
M2 ぶっ生き返す!!
M3 爪爪爪
M4 シミ
M5 便所サンダルダンス
M6 霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔
M7 my girl
M8 握れっっっっっっっっ!!
M9 恋のスペルマ

18:30 / B'z / GRASS STAGE

f:id:shinyaa31:20170809005103p:plain:w600
(開始前のGRASS STAGE会場)

今回のロッキン参加の1つの"目玉"とも言えるものがこちら、B'zのフェス参戦。参加者は勿論の事、参戦アーティストの皆さんもB'zを非常に楽しみにしていた模様で。

ultra soul」まだかまだか...と待ち望んでいたところ、アンコール披露というこの上無く盛り上がるタイミングでの登場にテンションは最高潮。

いんやー、最高でした!最後の3連はヤバかったw

6万人での「ウルトラソゥッ」→「ハァィ!!!」は貴重な体験となりました。

M1 さまよえる蒼い弾丸
M2 Liar!Liar!
M3 さよなら傷だらけの日々よ
M4 有頂天
M5 裸足の女神
M6 イチブトゼンブ
M7 Still Alive
M8 衝動
M9 juice
M10 ギリギリchop
EN01 ultra soul

f:id:shinyaa31:20170809010411j:plain:w300 f:id:shinyaa31:20170809010425j:plain:w300

22:00 宇都宮に移動→餃子を頂く

B'z鑑賞後は第4駐車場へと戻り(これがまた時間掛かった)、翌8/6の"Day2"にも参加する予定だったので前回同様、宿を取っていた宇都宮に移動。何やかんやで宇都宮駅近くのホテルに着いたのは22:00頃でした。トリまで観終えてからの移動だとどうしてもこの時間帯にはなってしまいますね...

f:id:shinyaa31:20170809005710j:plain:w550

この日食べたのはこちらのお店。

f:id:shinyaa31:20170809005655j:plain:w350

評判のお店なのか、数多くの芸能人も来店していました。
f:id:shinyaa31:20170809005651j:plain:w600

想像以上に体力を消耗していたので、元気になれるメニューと麦のお酒をチョイス。十分満足の行くお味でございました。また今度来る時もここにしようかな。
f:id:shinyaa31:20170809005704j:plain:w600


という訳でDay1終了。