読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

映画『沈黙‐サイレンス‐』を観てきた

映画

f:id:shinyaa31:20170122185728p:plain:w400

予告編(館内上映)で印象深かった事もあり、鑑賞作品候補に挙げていたものをこの日観てきました。

鑑賞場所は109シネマズ湘南。この日はこの作品を観る前に『ザ・コンサルタント』も観ていました。なのでハシゴ鑑賞の形となります。

f:id:shinyaa31:20170122190004p:plain:w700

以下鑑賞後の雑感。

  • 沈黙でサイレンスだと『頭痛が痛い』みたいな感じやねと思ったけど突っ込まないでおく
  • この作品、やけに長いなーと思ったらこれ上映時間161分もあった!途中上映中にイビキかいている人が居たけれど、特にドンパチとかがある類の内容・展開では無いので致し方無いかなーという部分もあり。個人的には全然ダレる事無く、集中して鑑賞することが出来ました。(←これ、劇中の『いびき』に似たような音声と聴き間違えた可能性アリ。確かにそんなシーンがあったのでもしかしたら勘違いかも知れません...)
  • 『面白い』と言われるとアレだけど『すごい』『クオリティの高い』映画だったなーと思う。
  • 窪塚くんシャシャり出過ぎ!と思った感もあったけどああいう展開になるとなるほどね...となる
  • 中盤位からはただもうずっと苦しかった。何であんなに苦しまなければならないのだろう...
  • 途中で宣教師や切支丹の面々に酷い仕打ちを仕掛けているところを見て『日本人ひでぇなぁ...』とも思ったが、日本側は日本側で守るべきものがあったのだなぁと様々な描写を見て思うなど。
  • イッセー尾形浅野忠信塚本晋也辺りの方々の演技は素晴らしかったと思います。イッセー尾形のあの何とも言えないフリーザ様感とでも言えば良いのでしょうか。一定の理解もしているところが何とも。浅野忠信も微妙な位置関係の役どころを素晴らしく演じてたと思う。塚本監督は途中○攻めに合うシーンがあって『うぉ...これどうやって撮影したんだろう』と思ってパンフレット見たら実際にやってたと言うではありませんか。となると両サイドの方々も同様に...お疲れ様でした...。
  • っていうかさ、ここまで日本人キャストが出ていて英語や日本語のやり取りが違和感無く、日本の文化表現が違和感無かったのって珍しいといえば珍しい。パンフレット見ると日本ならではのシーンは日本スタッフ・キャストに任せた(口は出さなかった)らしいけど、良い方向に収まりましたね。
  • でも、あの時代、英語をあんなに流暢に皆話せたものなんですかね?時代背景的に。切支丹の人達も英語どうやって学んだんだろう?意思疎通があまりにもスムーズだったのでその辺が若干気になりました。
  • あの踏み絵シーンでの無音は印象に残った
  • 最後、あの(奥さんの)心遣いは相手(旦那さん)にどう届いたのだろうか...。
  • 『沈黙 -サイレンス-』ってタイトル、観終わってから改めて振り返ってみるとある意味ネタバレしてたのね、とも言えなくもない気がした
  • そしてアダムドライバーはやはり面長である

作品のテイスト的にスッキリ爽快!的なものでは無く、『楽しかった・面白かったか?』という内容ではありませんでしたが、とても見ごたえのある、観て良かったなーと思える作品でした。

映画『ザ・コンサルタント』を観てきた

映画

f:id:shinyaa31:20170121201009p:plain:w200

f:id:shinyaa31:20170121195024p:plain:w350

観てきた場所は109シネマズ湘南@辻堂。この日は前乗りして映画館付近にあるコメダ珈琲(なぎさモール辻堂店)にて2時間程茶をシバきながらお勉強&ブログタイム。コメダ珈琲は最近になって行く様になりましたが雰囲気良いですね。そして何と言っても電源設備の充実っぷりが素晴らしい!(多くの席に、1席1つ(2口)コンセントがある) お陰様で進捗も良い感じで捗りました。

f:id:shinyaa31:20170121195445j:plain:w600
f:id:shinyaa31:20170121195443j:plain:w600

そして鑑賞。正直そこまで期待してる感じでは無かったのですが、この作品は個人的には『当たり』だと思います。以下雑感。

  • 主人公(ベン・アフレック)のキャラクター付けが中々これまでに無かった様なものだったので新鮮だった。また、表の顔は経営コンサルタント、裏の顔は...というところで結構ドンパチやるのかと思いきや、割と肩透かし感がある流れ。でも、(アクションシーンメインの)『動』に対する『静』(経営コンサルタントの顔で演じる箇所)の部分も飽きさせない作りになっていてとても面白く、充実した128分でした。
  • お話の伏線回収っぷり、巻取りっぷりに『お見事!』『ほほぉ...!』と言うような、何ともニヤリとする箇所多数。『あれ、そう言えばこれってどうなったんだっけ?』と思えるようなポイントポイントが実に上手くまとめ上げられている印象でした。
  • 主人公の几帳面振り・またその几帳面さが崩れている様を『車庫入れ』で表現しているのは良かった。
  • 終盤のある事実の発覚からの思わぬ感動シーン、そしてそこに取り残される悪役...『あれ?私どうすれば良いのでしょうか』な、反応に困る表情に思わずニヤリとしてしまいました。この終盤のシーンも肩透かし感はある(スカッと爽快!という訳では無い)んだけど、主人公のキャラとか背景を(色々回想シーンとかで)観ているので微笑ましく観ている感じ。なんだろうね、基本人殺しまくる映画なんだけど、何かほのぼのしてるというか、『いい話』感があるんですよねぇ。
  • バットマン感は全然感じなかった。鞄のたすき掛けの佇まいからはそんな雰囲気は微塵も感じられませんでした。でもそれが良い。

続編とかもあったりするのかな?あのキャラクターでまた何か観てみたい気もする。
という訳で個人的には『ザ・コンサルタント』、とても満足でした。85〜90点位な感じですかね。
オススメです!

立川シネマシティにて『マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション - 怒りのデス・爆音上映』を観てきた(V18)

映画

f:id:shinyaa31:20170114163209p:plain:w450

あなたのハートに、スカリフィケーション!
(※冒頭お知らせリンクの先頭文章より引用)

はい、という訳で2015年アカデミー賞6冠を達成した当作品、かねてから登場が期待されていた『ブラック&クローム』エディションの劇場版がここに来て公開される事が決まり、メディアについても発売が決定しております。(※速攻で予約注文済)

この公開を記念して、『英雄の館』こと立川シネマシティでは何ともトチ狂った素晴らしい形式での上映が告知されました。それがエントリTOPに展開したリンクの『【怒りのデス・爆音上映】』です。

公開告知ページを見てみましょう。
f:id:shinyaa31:20170114165211p:plain:w700

あの建物ごと揺らす凄まじい重低音を生み出すサブウーファー〝1100-LFC〟をこの2日に限りさらに倍の4台に。
本作を「生涯消し得ぬ記憶」として精神と肉体に刻み込んでいただくため、シネマシティは「極上」を返上し、荒ぶる。
足せば良いってもんじゃないだろう...(嬉

という訳で2017年初シネマシティ。昨年11月の『シン・ゴジラ』日本語極上爆音以来の立川詣で。前回同様、圏央道経由で爆音を響かせ(法定速度で)爆走しながら来ました。高速は空いてたのですが国立府中を降りてからシネマシティ近辺の駐車場に行くまでに予想以上の時間が掛かってしまいました。感覚的には横浜方面(鎌倉寄り)から2時間〜2時間30分の余裕を見ておいて1時間30分くらいで到着出来れば上々、というところでしょうか。(※個人的備忘録として)
f:id:shinyaa31:20170114162808p:plain:w600

座席は申込み開始直後からアクセスが殺到し、ものの十数分で『デス爆上映』のチケットは完売しておりました。個人的には爆音なら最前列でしょう!派なので今回も最前列に挑むべく計2日間のデス爆上映チケット取得に臨んだのですが残念ながら最前列はゲット出来ず...(T_T それでも何とか前目の席は無事確保。
f:id:shinyaa31:20170114165813p:plain:w600

毎度お馴染みの様式美をスクショ。
f:id:shinyaa31:20170114171150p:plain:w600

ワンドリンクサービス。引き換えに例のトレードマークスタンプ。
f:id:shinyaa31:20170114170107p:plain:w250 f:id:shinyaa31:20170114170117p:plain:w250

パンフレット。何と今回の『ブラック&クローム エディション』特別仕様!(※ちなみに購入はこれで3冊目)
f:id:shinyaa31:20170114170124p:plain:w450

こちらがパンフ実物。
f:id:shinyaa31:20170114170135p:plain:w600

そして今回の特別仕様の一部。在庫もそこまで多くは無いと思うので気になる方は劇場でお早めの購入を!
f:id:shinyaa31:20170114171922p:plain:w600

入り口前の壁にはこのような形で寄せ書き的なものが掲げられていました。年季と愛情が感じられますね。
f:id:shinyaa31:20170114221824p:plain:w450
f:id:shinyaa31:20170114221847p:plain:w600
f:id:shinyaa31:20170114222353p:plain:w350



以下は本編上映前以降の感想や雑感など。

  • 事前アナウンスにて『上映は予定時間直後に始めます』と発表あり。映画泥棒も無し。...という事はあの展開ですよね、という事で劇場暗転、遠山武志企画室長が例のマッドマックスの音楽に併せてスポットライトに照らされ登場。
  • シネマシティにおいて当作品がいかに長く上映され、愛されて来たか、これまでの敬意を語り、『すみません、発表内容について嘘を付いている部分があり、お詫びをしなければなりません』と切り出し、追加したサブウーファー、発表内容では2倍の4台では無く、3倍の6台であったと告白。曰く『4台だとバランスが悪かった。マッドマックスはアートだから(そこは妥協しちゃダメでしょう)!』との事でしたが、まさかの予想を裏切る"嘘"に観客は大喝采。ちなみに追加分のサブウーファーはレンタルらしいです。

  • 公開前のお馴染み展開、ニュークスよろしく銀のスプレーを口に吹き掛け『俺を見ろ!そしてマッドマックスを見ろ』についても今回やった訳ですが、映画シーンの様な『口周りへのスプレー吹き掛け』では飽き足らず、何と顔全体への銀スプレー吹き掛け敢行!顔一面が銀スプレーで塗りたくられたSo shiny, so chromeな遠山さんの顔を見れただけで100点満点中100万点は行っていたと思います。


  • 本編開始、良かった点と悪かった点についてそれぞれ分けて書いてみる。(※監督のジョージ・ミラーもブラック&クロームエディションについては良い点悪い点双方あると語っています)
  • 良かった点:
    • さすがサブウーファーが計6台あるだけあって、振動の"圧"は半端じゃなかったです。冒頭V8エンジンの回転アップも、これまでに無い『音の乱暴さ』が迫ってくる感じでした。ウォータンク&ウォーボーイズのくだりの部分でも爆音振りは良かったですねぇ。というか、あまりの爆音振りにスクリーン(の表示)が揺れていたような気がしていますw
    • 音圧の凄まじさで言えば、ドゥーフウォーリアーがギターからの炎で初登場、の例のシーン。白黒ならではの深みと、めちゃくちゃな音の圧で思わず笑ってしまい、そして凄さにちょっとウルっと来てしまいました。
    • 白黒にした事で『見えていなかったものが見えた』『強調されていなかったものが白黒表示によってくっきり見える様になっていた』という感じで色々発見がありました。
      • 序盤の砦のシーンで、砦と砦をつなぐ橋?的なものに人が移動していたり、ウォーボーイズの表情がくっきり見えるようになっていましたね。
      • 表情という点で言えば、イモータンジョーの5人の妻達の表情も良かったなぁー。より綺麗に、表情細やかに見えていました。
      • 砂嵐の部分も砂煙の表現がカラー版と違ってとても良い感じ。この部分は実際はCGによる作成でしたが、白黒になった事で『本物の砂嵐を映したんじゃないか』と思えるような臨場感があったように思います。
      • フュリオサがニュークスに吐いた唾もちゃんと見えてたw
      • 人食い男爵の『乳首カフス』も強調されていた様に思います(しろめ
    • 白黒になった事で、『不朽の名作』感が半端無く滲み出てきたように思います。まぁ当作品は白黒で無くても既に不朽の名作ではありますが。ちなみに字幕はクリーム色っぽい感じでした。
  • 悪かった、というかイマイチだったかなーと思う点:
    • 白黒になった事で見え辛くなったシーンがあった、という点がやはり挙げられるかと思います。
      • ドゥーフウォリアー登場のシーンは、白黒表示となった事で目立つ感じで無くなってしまったのがちょっと残念でした。あの赤い衣装であのギターであの赤い炎を青い空・黄色の砂に!というのが醍醐味でしたので、その鮮やかさが白黒表示で無くなってしまったのはちょっと勿体無かったですね。
      • 炎・爆発周りのシーンも概ねそんな感じ。
      • 運転ロックのシークエンスの『赤、黒、...』についても(赤)色が無くなってしまったので若干の分かり辛さが。
      • 夕日のシーンも然り。
      • 夜のシーンについては『この流れで行くとどういう風に見えるのかな?』と若干不安でしたが、これはこれで趣のある見え方をしていた様に思います。全般的に暗かったので見辛いのは見辛いですが。夜闇の中でイモータンジョー軍の車のヘッドライトが眩しく光っているのは渋くてアリ。
  • そう言えば、イモータンジョーがニュークスにスプレーを吹き掛けるシーン、やり取りの後に速攻ニュークスに対して吹いてるよね?この『手際の良さ』は普段からジョー様は銀スプレーを吹き掛ける事が多いのかな、すぐに『シューッ』って出来るように練習してるのかな、とふと思った次第でした。


マッドマックス 怒りのデス・ロード』、これにて通算18回目(V18!)の鑑賞となりました。また何かの折で公開された際には観に行っておきたいですね。次なる目標はV24!(V8x3)かな?

点数としては100点満点で100万点というところでしょうか(いきなりの点数インフレ)。2017年、これから出てくる映画はこの一つの"基準"をいかに超えてくるか、億点レベルを弾き出して来るか、注目して行きたいと思います。

2017年 鑑賞映画一覧

映画

2015年、2016年と続けてきた記録を今年も。今年は新作映画を50本位、週1本ペース位で観れると良いなぁ。個人ランキングについても鑑賞後のタイミングで適宜追加・入替えして行く予定です。

No. 日付 作品 方式 場所 Media Blog
1. 2017/01/03 この世界の片隅に(3回目) 2D字幕 109シネマズ湘南 映画館 Blog
2. 2017/01/05 MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 2D字幕 日比谷シャンテ 映画館 Blog
3. 2017/01/14 マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション
(18回目)
2D 怒りのデス・爆音上映 立川シネマシティ 映画館 Blog
4. 2017/01/20 ザ・コンサルタント 2D字幕 109シネマズ湘南 映画館 Blog
5. 2017/01/20 沈黙-サイレンス- 2D字幕 109シネマズ湘南 映画館 Blog

<<個人的2017年鑑賞映画ランキング>>
マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション
ザ・コンサルタント
MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間

映画『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』を観てきた

映画

f:id:shinyaa31:20170108021838p:plain:w450

2017年1発目の新作映画鑑賞はこちらの作品『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』となりました。(2017年初見で言うと『この世界の片隅に』だけとこれは都合3回目の鑑賞なので)

鑑賞場所は日比谷シャンテ。場所自体は来るのは初めてかも。
f:id:shinyaa31:20170108021947p:plain:w600

ちなみに私自身、マイルス・デイビスやジャズについては特に思い入れも拘りもある訳ではありません。なら何で観たのか?と申しますと、ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル内コーナー『ムービー・ウォッチメン』での評論対象作品となっていたからです。(※この理由で観た人も結構多そう)

感想としては...『ふーん』というか、可もなく不可もなく、淡々と過ぎ去ってしまった2時間、という感じでしょうか(笑)がっかりしたのが散々すったもんだあって取り返したテープを聞いたくだりが『え、そんなん?』という肩透かし感があったところ。観てる方からするとさぞかし凄い音源が入ってるのかと思うじゃないですか。なのに...という。それ以外は特にこれと言った感想は無かったですw 思い入れのある人ならば言いたい事もありそうな気がしますけれども。点数としてはどうでしょう、40〜50点くらいな感じかなぁ。

下記はタマフル映画批評動画。

『この世界の片隅に』を観てきた(3回目)

映画

f:id:shinyaa31:20170103222933p:plain:w450

2017年も昨年同様、映画を積極的に観て行こうと思います。

昨年2016年は述べ54回、33作品を鑑賞した形となりました。詳細は以下にまとめていますが今年はもう少し本数を多く重ねて行きたいですね。『シン・ゴジラ』や『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の様に何度も繰り返し観る作品もまた出て来るかとは思いますが、その辺を含めたとしても作品数で50本、すなわち新作を1週間に1本ペース位で観て行きたいなぁと思っております。

と言ったそばからアレですが、新年1発目の鑑賞作品はこちらの作品です。年末最後もこれだったので2回連続で、年跨ぎで同一作品を観る形になりました。いやーでもこの作品、原作(漫画)も何度も読んでるのに、また読みたくなる、そしてまた観たくなる。観終わった後はとても満足な気分になれるとても素晴らしい作品なので年始1発目の鑑賞作品としてチョイスしました。


鑑賞場所は109シネマズ湘南。若干交通渋滞にハマって来場が遅れたものの、上映開始には何とか間に合ってひと安心。109シネマズ系だと所定の開始時刻から実際の本編上映開始までは10分位何やかんや(予告編や各種宣伝CM)が流れているので助かりました。

そして本編。3回目の鑑賞にしてようやく気付いたけど、途中で原作でも歌詞を載せていたある回のシーンで参照していた曲がそのシーンで流れてましたね。この曲です。

皆さん御存知『ドリフの大爆笑』のテーマのアレですね。

そしてこれは動画を調べてみて分かった(今ようやく気付いた)んですが、メガネドラッグのCMのアレもコレだったんですね!そう言えばそうだ。何で気付かなかったんだろう。


本日の鑑賞回ですが、観客の入りは8割程で多く、また割合として年配の方が非常に多かったです。中にはおじいちゃんおばあちゃんと一緒に来られていた方々も。所々に差し込まれる笑いで落とすシーンでも、そう言った方々の笑い声が湧き上がっていました。そしてやっぱり、転機となるあの"事故"以降、所々で涙腺が決壊するシーンに見舞われました。この辺も原作で何度も読んでるのに、そして劇場でも3回目だと言うのに駄目ですね...というかこれは劇場で観ると余計に映像と音声(のんさん)で感情が揺さぶられるからかもしれない。いやー良い作品だ。

初詣2017@鎌倉・鶴岡八幡宮

雑記

昨年同様、そして昨年のリベンジ(というか叶わなかった願いを叶える為)もあり、2017年の初詣も日中を狙って行ってきました。

f:id:shinyaa31:20170102185152p:plain:w600

何のリベンジかと言いますと、(昼飯の)鰻です!

f:id:shinyaa31:20170102185200p:plain:w350

昨年2016年の初詣は日中・昼過ぎに鎌倉に向かい、こちらのお店(うなぎ 茅木家)に初詣終了後の3時過ぎに着いたものの、まさかの『売り切れにつき閉店』を直前で食らうという展開に。今回はこの事態は避けたいので早めの鰻、からの初詣プランで挑む事にしました。

店前到着は12:30。しかしこの行列...。行列最前列になるまでは1時間程掛かりました。店内に入ってからも注文から手元に料理がやってくるまでは2〜30分程掛かっていたでしょうか。バリバリかき入れ時のタイミング且つ昼飯時なので仕方無いですね...でも今回は食べれる!(嬉

待った甲斐もあり鰻はとても美味しゅうございました。去年のリベンジを果たせて満足ではあるのですが、待ち時間が1時間以上掛かってしまうのも中々に辛みがあります。ですので、来年は開店時間の11:30に併せて店前に前乗り(鎌倉駅11:00くらい)し、開店を狙って行こうかと思っております。
茅木家 - 鎌倉/うなぎ [食べログ]

f:id:shinyaa31:20170102185218p:plain:w600

美味しい鰻を堪能した後は本来の目的である初詣に。通りが新しく整備されていました。

f:id:shinyaa31:20170102185229p:plain:w350

入り口。初詣スタートです。

f:id:shinyaa31:20170102185242p:plain:w600

参拝客の混雑具合は例年通りといった感じでしょうか。そこそこ混んでいる感じで参拝するまでに4〜50分程掛かっていました。

f:id:shinyaa31:20170102185255p:plain:w600

そして何やかんやあって外は日も落ちておりました。夜の八幡宮も厳かで良いですね。
f:id:shinyaa31:20170102185302p:plain:w600

入り口の鳥居の辺りもなかなかに風情がある風景になっておりました。

f:id:shinyaa31:20170102185310p:plain:w600

そして若干早い時間帯ではあったのですが良い感じに腹も減り始めていたので(鎌倉の)名物であるしらす関連のメニューを発注。こちらも中々美味しかったです。ただしらす関連のメニューは周りにも他に美味しそうなお店が幾つかあったので来年はこの辺もう少し事前リサーチしておこうと思います。

f:id:shinyaa31:20170102185318p:plain:w600

おみくじの結果については良いものでしたが敢えて晒すものでも無いかなと思うので大事に控えておきます。(良い結果の場合は手元に置いて1年過ごすスタイルなので時折見返しながら) また今年の抱負についてはまだ正直全てを整理し切れていない(今月のうちには洗い出しておきたい)のですが 、インプットもアウトプットも例年以上に、そしてバランスを考えて行っていければと思っています。個人技術ブログも新しく始めたのでそちらの比率はそこそこ増やして行こうとは考えています。今年も宜しくお願い致します。