日々の出来事や調べ物に関するネタを備忘録(Memorandum)として残していくBlogです。

映画「GODZILLA 怪獣惑星」を観てきた

f:id:shinyaa31:20171117220928p:plain:w500

シン・ゴジラ」以来のゴジラ作品として、公開発表以降注目を浴びていたこちらの作品。公開初日に早速観に行ってきました。

観てきたのはブルク13@桜木町
f:id:shinyaa31:20171117221545p:plain:w350

で、感想など。

  • 開始前の予告編はアニメ・ヒーローものが目白押し。ここまでラインナップ変えてくるもんなんですね。
  • 本編開始「あきらめたら、あきらめたらそこで...」で「試合終了です」をイメージした私はスラムダンク世代(実際は違う台詞が続く)
  • 前半で出てくるゴジラの熱線放射及びその被害の描写だけでも、太刀打ち出来ない非常に凶暴な存在だという事が分かる
  • また、世界観描写に関する様々な事象やその用語解説の部分は非常に丁寧且つ凝っているなぁと感じた。公式サイトのこの辺のページを見ればそれは十分に分かる。
  • 作品の世界観描写的にはパシフィック・リムとかインターステラーとか何かその辺の怪獣・ロボット周りのアニメとか映画のエッセンスが色々混じってそうだな、という感触。また、やはり同じゴジラ作品として「シン・ゴジラ」をイメージしてしまうところも多々あり。台詞の部分とかね。ハルオ、お前は矢口蘭堂か!っていうw
  • "怪獣惑星"ことゴジラが支配している?と思われる2万年後の地球。探索隊が調べ始めた時の「ゴジラを把握する」描写(レーダーで巨大な物体を発見)は巧いな、と思った。
  • 「タンザワダイカンモン」ってキーワードが出て来て、えっ普通に日本が舞台なの?と思ったけどどうやらそうらしい。2万年も経てばだいぶ大陸的には移動してそうな気もするが、2万年だとまだそこまで現代の大陸構成からは違ってはいないか。

  • 終盤の人類側が実践した行動に「ヤシオリ作戦かよ!」と思った人多数居そう。まぁでもこれは偶然一致してしまったものなんだろうな。自分の中ではあのシーンで「宇宙大戦争」がバックで流れていましたw
  • ゴジラの「咆哮」は溜めに溜めた上でドーン!と出た感じ。
  • そしてラスト。「エッそこで終わり?」と呆気に取られましたが、あぁなるほどね...と納得。

というわけで、有り無しで言えば「有り」な方には入るかなぁ...という感じの今作品。しっかり作り込んでいるとは思いますので興味のある方は観てみてはいかがでしょうか。

映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION」を観てきた(2回目)

f:id:shinyaa31:20171113032525p:plain:w600


先日の「試写会&ライブ」で一足先に映画本編の内容を堪能して来た「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION」。この時のチケットに「前売券」が付いていたので、ライブ会場では確認しきれなかった部分の確認も兼ねて公開初日のこの日に早速2回目の鑑賞に行ってきました。場所はブルク13@桜木町


この日は運良く「舞台挨拶付き」の上映回を押さえる事に成功。本編開始前に催された舞台挨拶パートも存分に楽しむ事が出来ました。以下はその時の模様です。


以下、本編の感想など。1回目で確認出来なかった部分などについて主に言及しています。

  • 上映挨拶が終わった途端結構帰る人が居た(現地会場にて。桜木町では居なかったと思う)。気持ちも分からなくは無いが、本人達が居る前で帰っちゃうんだ...というのは少し思った。
  • 善信が食べてるアイスキャンディ、ガリガリくんなのかなぁと形状を見ながら思うなど
  • 生コンシーン、生コン注ぐ→コブラ「ウェェ」→からの琥珀さん登場!なのでそんなに喉にはダメージ受けて無い...のかも?
  • コブラ、そういえば一人で雨の中襲撃にしに行ってたな。一人で立ち向かうなんて迂闊過ぎるw(でもそうしないと生コンシーンは無かった訳で、必要なアクションだったとも言える)
  • 植野が「シーッ」→音楽止まる、えっ現地でもあの音楽流れてたの?
  • スモーキー、"最期"に回想しながら色々セリフ喋ってるけど、どう見ても敵の走ってくる距離的に尺合わないよね
  • ROCKYの"名字"、ここで初出?
  • バルジが手を引くなら...で九龍グループの数名が退場。これは新章(もしあるならば)で退場した面々が出てくる...という事かしら?(ワクワク
  • とりあえず1本(オレンジの配線)行っとくか!→行かんのかい!w
  • タケシ、あのタイミングでも助かってたよね(2人で助けられず、後で来る!といって去る→結局2人で助けられてた)
  • 達磨一家の盛大な花火、あれ絶対火薬量的に火傷負ってるやつ(達磨一家の中に)居るよね
  • 「Hello, everyone. This is Bulge. The takeover plan has begun.」:最後に表示されていたメッセージ。「買収計画が始まった」とは一体...?

という訳で若干曖昧だった部分も確認出来た感のある2回目鑑賞となりました。ひとまずは区切りとなった今回の3作目。関連作品としてはドラマ等未鑑賞のものもあるので、落ち着いたらその辺りも押さえて行こうかなと思う次第でありました。ありがとうLDH!ありがとう琥珀さん!応援上映があれば参戦してみたいなぁ。


HIGH&LOW登場人物早見表。この図を片手に話を追うと理解も進みそうですね。

「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION 完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOW」に参戦してきた

f:id:shinyaa31:20171113022159j:plain:w600

「2」公開から間を明けずに上映される事となる「3」こと「HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION」。

「1」をBlu-rayで鑑賞して以来「ザム」の世界の虜になってしまったわたくし。「2」を映画館で鑑賞し、様々なポイントにツッコミを入れながらも更にその世界観にハマっていったのでした。

そんな折、「3」の試写会のチケットがあるんだけれど...というSNSでのお誘いが。これは乗らない訳にはいかないでしょう琥珀さぁん!!という訳でお誘いを快諾。チケットを入手したのでした。

開催会場は(なんと)横浜アリーナ。今回の試写会、実は併せて「PREMIUM LIVE SHOW」なるものも行われるという事でこの場所となったのでした。この日は普通に仕事でしたので、少し早めに切り上げつつ東京から新幹線で二駅、新横浜へ。(普段はこんな使い方しないけどねw 時間的に間に合わ無さそうだったのと、今回は特別って事で)

f:id:shinyaa31:20171113022944j:plain:w300 f:id:shinyaa31:20171113022952j:plain:w300

アリーナ前には既に多くのSWORD民がたむろしておりました。
f:id:shinyaa31:20171113023131j:plain:w600

イベントはDJ TIME→映画本編上映→PREMIUM LIVE SHOWという順番で進んで行きました。以下感想など。

  • DJ TIME
    • DJ TIME開始。すんごい歓声!でも誰?
      • そもそもPKCZってグループがどんな人達だったのか知りませんでした。DJ集団みたいな感じのグループだったのを知るのはイベント終了後。
      • PKCZ - Wikipedia
    • 映画テーマ曲「HIGHER GROUND」が掛かる、テンション爆上がり。フォーーーー!!!
      • 周りのお客さん、縦ノリジャンプで超盛り上がりまくり。ライブパートも同様の盛り上がり様で、震度4くらいの揺れがずっと続いていた様な気がしました。4DX感パネぇ。
  • 映画本編(HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION 完成披露試写会)
    • 松竹ロゴの後、まさかの「いきなり生コン」!いきなりそこ見せるんですか琥珀さん!というサービス精神旺盛な展開。
    • と思ったら若干の回想シーン的な使い方で中途半端に生コンシーンは終わる。
    • これまでの作品同様、ナレーションでの丁寧なあらすじ解説。
    • 岸谷五朗の「インペ-デキルンダヨ」の声の上ずり感はやっぱり笑える
    • USBの化身(と同僚間で推測していた某人物)、馬場元なる名前があった。
    • 薬品工場の存在が明らかになるところ、ハリウッド(ギャレゴジ)版GODZILLAのアレを意識してましたよね(秘密文書の黒塗りになるところ)
    • アクションシーンの高低差を踏まえたカメラワーク、すごいね
    • ターミネーター」こと九鬼源治(小林直己)の存在感は今作でも健在
      • 横浜アリーナでの上映時、唯一ざわついていた(若干の笑いアリ)のが彼の登場シーンでした
      • 琥珀さんと雨宮兄弟(兄)が二手に分かれて行こうか、って時にも上から降りてきたけど、あそこどうやってやり過ごしたんだろう...w
    • 九龍グループに襲撃される各SWORD地区の皆様方
      • でもなんでTOPはそれぞれ無傷だったの?
    • 生コン生コン
      • 琥珀さん「まずそうなスムージーだなぁ」:琥珀さんがスムージーを知っていた事に驚きw そしてこのセリフに爆笑ww
      • 九十九さん「腹壊したらどうすんだ」:その前に喉ヤラれてると思うんスけど...
      • ってか、あんた達「コブラが行方不明らしいぞ」って言ってから見つけるの異常に早くないか...
      • コブラ生コンの餌食にはならずに済むのですが、直後からコブラが登場する度に「コブラさん喉大丈夫ですか」と心配になってしまっていました...
    • スモーキー「いつまでも一緒だから」:若干訛り入ってませんでした?
      • スモーキーさん、空を眺めていた(具合悪そうだった?)のには訳があった
      • スモーキーさん、◯◯された割には意外と綺麗な顔してたなぁ...
    • 「爆破セレモニー」って、そのネーミング良いのか?!w 不謹慎な様な気も...
    • コブラ琥珀さん、どうしたら九龍潰せるんすか...!」:琥珀さんに分かる訳がないだろう
    • 「何べんでも立ち上がるのが達磨だろ」クーッ!!
    • 「SWORDの祭りは達磨通せって言ってんだろうが」クーッ!!!!
    • SWORD全員集合からの道路爆走シーン、熱い!でもやっぱりどう見ても達磨一家のあの曲乗りは必然性が無いように見える...w (でも最高)
      • f:id:shinyaa31:20171113025939p:plain:w500
    • 馬場を見つけるくだり、どうしても「ウォーリーを探せ」的なゲームにしか見えなかった
    • 爆破セレモニー阻止のくだり、まさか「間に合わなかった」展開になるとは思わなかったw この展開はある意味新鮮ですよね(普通なら配線をカット、すんでのところで爆破阻止出来た...というのが良くあるケースなので)
    • エンドロールのキャラ総登場&紹介、これも全方位な気配りが行き届いていて非常に良かった。
    • 最後のメッセージは思わせぶりなもの。続編・新章も期待出来るのかしら...?
    • スクリーンは大きめのものがステージ上にあり、その他幾つか小さめのものが用意されていたのでそれらで内容は確認出来るレベル。ただ細かい部分については見辛い部分もあり。後は音声がステージという事もあって若干篭ってたりする部分もあった。まぁこれは構造上仕方無いですね。
  • PREMIUM LIVE SHOW

トータルで行くと4時間以上は掛かっていたでしょうか。試写会&ライブという何とも豪華な組み合わせの今回のイベント、存分に楽しむ事が出来ました!細かい部分については確認仕切れない部分があったので、別途映画本編の鑑賞には挑んでいきたいと思います。

f:id:shinyaa31:20171113031234j:plain:w600

RHYMESTER「KING OF STAGE VOL. 13 ダンサブル Release Tour 2017」@仙台:Space Zero に参加してきた

今回のツアーではGAGLEからHUNGERもアルバムに登場している事から仙台も「良い何か」が観られるだろう...と思い、少し遠くなるが仙台講演にも参加してみよう!とチケットを確保しました。

当日(11/5)の午前中には東京から新幹線で出発し、

f:id:shinyaa31:20171113013555j:plain:w500

昼頃には仙台駅へ。

f:id:shinyaa31:20171113013701j:plain:w500

仙台に来たらやはり押さえておきたいのは牛タン。事前にSNSで情報収集を行い、良さ気な駅近のお店をチョイス。

f:id:shinyaa31:20171113013745j:plain:w500

王道的なこちらのメニューと併せて、ずんだ餅もデザートとして頂きました。超美味しかった!!!
f:id:shinyaa31:20171113013913j:plain:w600
f:id:shinyaa31:20171113014000j:plain:w600

十分堪能した後店を出た時には長い待機列が。少し早めにチャレンジしていたのが功を奏した形になっていたようです。また仙台に来た時には食べたいなぁ...と思わせてくれるようなお店でした。

f:id:shinyaa31:20171113014030j:plain:w600

そして、牛タン同様に「これもオススメ!」と情報を頂いていた「ずんだシェイク」なるものもゲット。駅構内にショップがあったので1杯行っときました。甘過ぎず程良い感じでとても美味しかったです!

f:id:shinyaa31:20171113014846j:plain:w250 f:id:shinyaa31:20171113014859j:plain:w250

ライブ開始までには少し時間の余裕があるのでホテルに早めのチェックイン。

こちらのホテル、駅からもライブ会場からも近く、非常に使い勝手の良いところでした。この写真はホテルの部屋の窓から仙台駅方面を写したものですが、窓が大きい&低い、かつ結構な角度で開くので「これ危なくない...?」と思っていた事を記しておきます。
f:id:shinyaa31:20171113014318p:plain:w300

開催会場はSpace Zero。ホテルのある場所からは徒歩で10分掛からない距離にありました。

f:id:shinyaa31:20171113015132j:plain:w500

会場はキャパでいうと150人。小箱なんだろうなぁと思ってたら想像以上の小ささでしたw でもこの小ささがステージと観客の"距離の近さ"を実感したステージアクトでした。

f:id:shinyaa31:20171113015148j:plain:w500

  • 開始早々、観客と会話を交わす2MC。
  • 「梯子酒」の扇子に混じって「日本」という扇子を作成、持参して来た人が居た!2MCもそれをいじってました。まぁその人はその他にも色々といじられていたようですが...w
  • 「梯子酒」からのお酒に関する曲のメドレーは良かったなぁ...そして「ウェイウェイー!」はやっぱりアガるw
  • 仙台という事でDj Mitsu the Beatsの携わった曲を流す場面も。
  • 仙台出身:HUNGERがフィーチャーされる部分も勿論用意。「爆発的」ではサ上が居なかったのでHUNGER+DJ JINの特別バージョン。また、「廻シ蹴リ」でも再登場。「節子」大フィーチャーの巻。

というわけで、小箱の醍醐味を十分に堪能した仙台講演でした。

ライブの後はお腹が空いたので夕食へ。昼は牛タンだったので他のが良いかなぁと思いながらも商店街の寿司屋に。

f:id:shinyaa31:20171113020158j:plain:w300 f:id:shinyaa31:20171113020210j:plain:w300

非常に美味なネタを各種頂きました!そしてついつい牛タンも再びつまんでしまっておりました...w

f:id:shinyaa31:20171113020612j:plain:w300 f:id:shinyaa31:20171113020627j:plain:w300f:id:shinyaa31:20171113020616j:plain:w300 f:id:shinyaa31:20171113020620j:plain:w300f:id:shinyaa31:20171113020623j:plain:w300

ライブ開催は日曜、そして翌月曜日はお仕事という事で早朝起床し、朝7時台の新幹線で東京へ戻る形となりました。突貫的なスケジュールとなりましたがライブ・グルメ共に堪能できた仙台旅行となりました。

f:id:shinyaa31:20171113020759j:plain:w600

「マイティ・ソー バトルロイヤル」「IT/イット "それ"が見えたら、終わり。」「シンクロナイズドモンスター」をハシゴ鑑賞して来た

f:id:shinyaa31:20171113004514j:plain:w600

11月も注目作が目白押し。中でもこの日(11/3)は観たい作品が集中していたのでまとめて観ることにしました。鑑賞場所はブルク13@桜木町。最近はこの場所が多いなぁ。


 

2017/11/03:マイティ・ソー バトルロイヤルIMAX 3D字幕/ブルク13

原題「Thor:Ragnarok」。邦題改変で色々言われてたあの作品ですね。MCU作品は「シビル・ウォー」辺りからリアルタイムで追っている形なのでこの作品も公開初日にチェック。

感想周りなど。

  • マーベルのキャラ総登場で始まるオープニングはやっぱりアガるなぁ。
  • 鎖で繋がれているところの下りは微笑ましい感じ。
  • そして「移民の歌」で展開されるバトルシーンはテンションアガリまくりで良い。そしてこの戦闘で「ソーはやはり強いんだな」というのが示される。
  • 浅野忠信まさかの登場。前からのキャラだったのでそれなりに配慮されていた描かれ方。まさか出てくるとは思わなかったので嬉しい一幕。
  • 死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)、綺麗でしたなぁ〜。というかね、下記の動画観てたらもうヘラの登場シーンで「いよっ、おヘラさん」としかイメージ出来なくなってしまっていたw
  • 操縦者?を認識する場面での「サーファーくん」がツボw
  • ブルースのデカ◯ンを思わせる仕草が微笑ましい。
  • 映画秘宝」でもこの作品はそれなりのページを割いて特集が為されていました。これを読む限りだと吹替版もクオリティ高そう。下記は字幕・吹替の動画ですが、天海祐希のヘラが非常にしっくり来ていますね。

 

2017/11/03:IT/イット "それ"が見えたら、終わり。/2D字幕/ブルク13

こちららは各所で前評判の非常に高かった作品。そこまで乗り気では無かったが、注目作の1つではあったので鑑賞してみました。

感想としては....個人的には微妙な感じ。何だか諸々があからさま過ぎるというか、展開も「怖いだろう、怖がらせてやるぞ〜」感がありありで冷めてしまってました。「子供にしか見えない」という部分が脚本部分の突っ込みを回避する一助となっていた部分はあるのだろうけれど、なーんかねぇ。という感じ。原作とはまた違った構成の今作品の作り方、そして続編も予定されているという事でその辺りもひっくるめてどうなるか、というところでしょうか。


 

2017/11/03:シンクロナイズドモンスター/2D字幕/ブルク13

この日観た3本の中では一番力を抜いて、というかあまり期待していなかった1本。予告編を観る限りでもB級映画臭満載でしたし、肩の力を抜いて鑑賞致しました。


  • モンスターどの辺で出るのかなぁと思ったら、いきなり出たw
  • アン・ハサウェイ扮する主人公(グロリア)、冒頭からボンクラキャラである事をこれでもかと紹介。つーかまぁ良く寝る人だことw
  • この作品、当初は日本を舞台にする予定だったが紆余曲折あって韓国になった...という話をどこかで聞いたような気がするが、その辺りの名残的なものが幾つか作品中にも散りばめられているのかなと思いました。グロリアの持っているMacに貼っているステッカーが富嶽三十六景のアレとか、あとはソファーを持ち込まれた際に出て来た「布団(futon)」というワードとか。
  • 劇中内容についてはまぁ予告編通りのボンクラ感、ホノボノ感漂うテイストで進むのですが、最後の展開については「おっ、そう来るのですか」という感じでちょっと意外性があって良かったかも。

という感じで、期待していなかった部分個人的には「割とアリ」な作品でした。

この日の3本については「マイティ・ソーシンクロナイズドモンスター>>>IT/イット」ってとこかなー。

映画「ゲットアウト」を観てきた

f:id:shinyaa31:20171111222839p:plain:w350

上映館数的にはあまり多くありませんでしたが、前評判の高さから「これは観ておこう」という事でチェック。ブルク13にて鑑賞。


もうね、最初から不穏な臭いしかしない画作りw

劇中主人公の心情と同じく「何だろうこの違和感は...」という思いがまとわり付く。そういう心情だったので、中盤から後半に掛けての「あぁ...そういうことだったのね!」「だからかぁ!」という伏線回収感に痺れました。1回目を観た限りでは「?」な部分を感じながら...という形になると思うが、一通り物語を把握した上での「2回目」はまた違った視点で楽しめる、とても秀逸な1本だったと思います。

個人的には評価高し。詳細深掘りについては以下のエントリ等もご参考に。

映画「ブレードランナー2049」を観てきた

f:id:shinyaa31:20171105115115p:plain:w300

話題作としてかなり大々的に告知されていたこの作品。ただ、個人的にはこの前観た「猿の惑星」同様、何気に前作を観ていなかった作品ではありました。なので少し前に企画されていた下記の上映に乗っかる形で前作を「予習」。

また、「2049」公開に合わせて以下3本のスピンオフが映像として公開されていたので合わせて観ておきました。いずれも「2049」を物語る上で重要となる事件・事象について言及されているもの。「2049」をより深く楽しめる事が出来ると思いますので事前に予習しておくと良いでしょう。


鑑賞場所は109シネマズ川崎でした。

で、感想。

ラストの締め方、個人的には「えっそこで終わるの?」という感じで若干拍子抜け。続編あるのかな?と思わせるような感じではあるかなと思ったけどどうなんだろう。上映時間163分とかなり長めな作品ですが、十分満足出来る内容だったと思います。75点くらい。